訪れたことを忘れていたけども
ふとしたことで
思い出す店というのがある。

帯広『長寿庵』もその一つ。

だいぶ前の話なので、記録的な感じではなく、ちょっとした
回想録のように書いてみる。

帯広駅から徒歩10分。繁華街のど真ん中にあり、
駅前のホテルなどからもすぐに行ける。
木造の古臭い、まぁ味があるとも言える二階建ての店は
氷点下10度以下、冬の帯広の中で、寒風に縮こまっているように見える。

とにかく帯広の店は、閉まるのが速い。
豚丼の有名店『ぱんちょう』は19時に閉店。
『とん田』は18時に閉店する。

そんな馬鹿なと思うなら検索してみるといい。

帯広に到着した旅行者は、17時にホテルにチェックインしたら
間髪入れずに食事に行かなければいけない。
間違っても6時のNHKニュースなどを見てはいけない。
サザエさんを見てしまうと確実に食べられない。

帯広というのはそういう街だ。

しかしこんな冷酷な街にも、一握りの愛は残っている。
もりあきが愛してやまない料理店『ゆうたく』は、なんと
夜21時という深夜まで営業しているのだ。
この時間には帯広の市民の97%は就寝しているというのに。
ありがたいことである。

だが、もし、それでも、万が一、
交通事情が良くないために、21時以降に帯広に到着した場合。
または、
あろうことかモヤさまに続いて、
行列の出来る法律相談所を視聴してしまった場合。
グルメな観光地において、食事の楽しみというものは望むべくもなく、、
あえなくセイコーマート行きとなる。

時間を無駄にしてはいけない。

そんなことは、わかっていたはずなのに。

私は残念ながら、仕事が忙しく、帯広市街に到着した時には
23時だった。

お年寄りであれば、そろそろ起き出すぐらいの早朝である。
こんな時間では食堂どころか、町の中には人っ子一人いない。

帯広への出張が両手両足と両耳を足したぐらいの数である
私が、そう考えるのも無理はないだろう。

だが。

スマートフォンを操作すると、信じられないような情報に触れた。

なんと夜中の23時に開店している店が、帯広に存在するのだ。
ブラフではない。真実だ。
しかも日をまたいで、25時まで開店しているという。

夜行性のエゾシカ相手に営業しているのだろうか?

前置きが長くなったが、私はその店に向かって車を走らせる。

適当な駐車場に車を放り込むと、スマートホンのナビに従って歩き
すぐに店を見つけることができた。

  帯広『そば 長寿庵』

店の中は、人間の先客が何名かいた。おそらくは全員、
外の世界から来た人間だろう。時差ボケのためにこのような深夜に
食べに来たに違いない。

蕎麦屋という業態は電子情報網より察していたので、蕎麦を注文する
つもりだった。バナナで釘が打てるどころか、新鮮なペンギンでも
凍り付くほどに寒い帯広にいるのだから、暖かい蕎麦がいい。

だが、メニューは私が思っているよりもはるかに充実していた。

  豚丼蕎麦セット 900円

そのたまらなく地元臭が立ち昇るセッティングを、私は注文していた。
闇夜に浮かぶ月(生卵の事ではない)に突き動かされたように。


DSC_0192_201703031842307fd.jpg
豚丼蕎麦セット 900円

帯広の流儀として、豚丼に山椒をふりかける。

口に運んだ私は、呻いた。
「(これは、全く問題ない)」

炭火で焼いたわけじゃない。特別に上等なわけでもない。
だが、普通以上の肉を、フライパンで、絶妙な味付けの甘辛い豚丼たれに
からめている。これは、
これは、一流店の味ではないけども、
間違いなく帯広の豚丼の味だ。
肉厚で、甘く、どっしりとした豚肉の風格にピリッと効いた山椒。
保温焼けなど全くしていない旨いごはんが、たまらない。
そして、これも特に出来合いのものではない、普通に美味な蕎麦と共に
味わう。そう。夢中になって。

ああ、これは。
餓えた労働者を救済するために神が用意してくれた憐みか。


<マタイの福音書 第15章>

イエスは弟子たちに「豚肉はいくつあるか」と尋ねられると、
「七つあります。また小さい魚が少しあります」と答えた。
そこでイエスは群衆に、地にすわるようにと命じ、
七つの豚丼と魚とを取り、感謝してこれをさき、弟子たちにわたされ、
弟子たちはこれを群衆にわけた。
食べた者は、女と子供とを除いて四人であった。
(うち一人はダブル大盛りであった)



主よ、空と大地の恵みに感謝します。
合掌。
エルカンターレ。
池田大作。

とにかく何でもいい。何かよくわからないものに感謝します。

帯広でどんなに仕事が遅くなったとしても、
豪雨で橋が決壊したとしても(笑えない)
このお店は開いている。

それは、勇気に変わる。
社畜精神を加速させる勇気に――。


スポンサーサイト
2月は忙しい。

なんか毎年2月は忙しい気がする。
そして今年も誕生日が来た。
もうすぐ40歳になろうとするおっさんなのに
毎日毎日、

やれ他が為のアルケミストでサクラちゃん引いたとか
やれ来週にはモンハンXXの体験版配信だぞとか
やれいつになったら三国志大戦4でSR馬超引けるんだとか
やれ政宗くんのリベンジが面白いとか
ヴィーネちゃんは天使な悪魔カワイイとか

そんなもんです。ええ、まぁそんなもん。
そういうわけで、またひとつ死地に近づきましたが
皆様今後共、よろしくお願いいたします。

しかし忙しいんですよね。

最近気づいたんですが、私の働いてる職場の売上、
去年の数字更新してるんですよね。まだ2月なのに。
日に日に老いさらばえ、体力も低下し、今では痴呆症で
自分のブログのタイトルも思い出せないようなおっさんに
こんな酷なことがあるでしょうか。
だいいち私は仕事なんかしたくないんです。
平和が一番。
不相応の金も権力も地位もいらん。
穏やかに穏やかに、春の陽光が降り注ぐオープンテラスで
ネルドリップで淹れたブルーマウンテンのストレートコーヒーを飲みながら
日がな一日2ちゃんねる見ていたいんです。
今はそれだけが、
それだけが望み……
今年一年の壮大な目標……


それはともかく、仕事で足寄町などに来ているわけです。
足寄町といえば、多分日本で一番寒い陸別町の隣町。
夜の気温は氷点下30度。

北海道民が、
夜中にマイナス15度になる地方の人が『あそこは寒い』と言うところ。

いやいや、
昼間はのどかな良い天気です。
気温もマイナス2度ぐらいかな? 温かいです。(錯乱)

お昼ごはんを食べましょう。


<足寄 ヒツジ堂>

足寄の道の駅の向かいにある、こじんまりとしたレストラン。
ひつじの名前がついているだけに、ヒツジ料理が売りのよう。

だがしかし、
オーブングリルするヒツジ料理は1時間もかかるという。
(ヒツジのオーブングリルは1780円だそうです)

そんなに待てないので、シェフの気まぐれセットにします。

DSC_0172.jpg
気まぐれセット 鮭のムニエル(980円)

んんー

いい香りだ。
香ばしく焼かれたライ麦の丸パンがいい。
水菜のサラダも新鮮。
そしてメインの鮭のムニエル。レモングラス風味で、
これがまた良いクリスプ感。カリッとした周囲と、ふんわり柔らかな
脂の乗った鮭の身。濃厚な香り。こいつは上等。
じゃがいもは小型の甘いやつで、皮付きのまま揚げられていて
これもまた、美味しい。
いや、大変良いランチでした。皿まで舐めたくなる。
こんなフレンチ・ビストロがあるなんて、足寄民は幸せだな。

しかしこの店が食べログで3.1か。地方は点数が辛いなぁ。


いやー
今季は珍しく6作品もアニメ見てます。
面白い作品いっぱいです。

Cl89QMmVAAA1xZq[1]
<政宗くんのリベンジ>
面白いですねー。
ストーリーラインがとてもいいと思います!
これは私も尊敬する横手美智子御大の手腕でしょう。
シーンの繋ぎの部分が大変丁寧に作られていて、
ワンカットごとに「なるほど」と感じさせる説得力があります。
監督は初監督作品らしいですが、だからでしょうか。形骸化した
記号を排除して独自のリズムを刻んでいくように、ストーリーが展開して
いきます。原作も面白いようですが、原作が面白いからと言って
アニメが面白くなる道理はありません。とにかく、
【詰め込みすぎず、粗すぎない、一本調子にならず、波乱万丈過ぎない】
アニメスタッフって本当にすごいな!と心から思わされました。



スクリーンショット-2017-01-07-1.20.37-1024x649[1]
<幼女戦記>
人がバタバタ死んでいきますけど
この作品には人の人生観やしっかりした理想が描かれてます。
退廃的なスープの中に色鮮やかな野菜を放り込んで煮込めば
一体どんな味のスープになるんだろう…という興味を引きます。
構成が上手で、どこを切り取っても良く映える作品になっていて、
エンタメなのにエンタメに寄り過ぎない。こういう作品、もっと増えて
欲しいですね。ダンタリアンとパンチラインの監督作品!?
わかる。
ていうかギャグアニメです。
おっさんだらけ。


C1u2FQtUUAIETaN[1]
<ガヴリールドロップアウト>
天使ガヴリールがドロップアウト(駄天(誤字ではない))する話。
開始5分で終わるあらすじ。
あーまたこういうのか、こういうのうまるちゃんで気持ち悪いぐらい
見せられたからもういいよ。ヒロインがオタ系のやつでしょ何番煎じだよ
と思ったら、ガヴリールがネトゲにはまって駄天したのは特に関係ない。
本人が言うように「本当の自分はエリートなどではなく、元からこうだった」
そうだよ! そういうもんなんだよ!
テンプレダメ系ヒロインと明らかに違う一線に心が打たれた。
よくまぁ、責任転嫁系ヒロインっているじゃないですか。自分の境遇を
嘆くような感じで、かわいそうの押し売りする感じの。
ガヴリールは全然無いからねそういうの。自由。
あとくだらないネットの流行りに乗った表現とか、ネットスラングとかもない。
要するに日常を何かでごまかそうとしてない。あけすけに、堂々と。
キャラクターの表情にもそれが表れる。ころころ変わる表情に、
なぜかリアルっぽさを感じる。キャラクターはどれも魅力的に見える。
真面目な性格で悪魔になり切りたいのに、良い子すぎる悪魔と、
エリート天使だった過去をきっぱりと捨てて自堕落に生きる天使。
エリート悪魔として箔をつけたいのにぽんこつな悪魔と、
悪魔をいじりたおして退屈な日常の憂さ晴らしをしようとする天使。
その絶妙な友人関係が、見ていて心地よい。何しろ、
彼女たちはこの関係の中なら『誰にも』嫉妬しなくて済むのだから。



1473148005_1_4_bb3d4b863b2bba3a4f639fe0be64a58a[1]
<亜人ちゃんは語りたい>
天然女たらしの30過ぎのおっさんが亜人の女子高生と
新任教師に好かれていちゃいちゃするハーレムアニメ。
何かわりと心配になる作品。
最初のとっつきは悪くないけど、人物紹介が面白い的なアニメは
人物紹介が終わったらどうするのか、よくわからない。
ほんとあのおっさんはキモイというか、きもちわるい。(みなみけ感)


PIOXB1zZ[1]
<小林さんちのメイドラゴン>
今期の小粒枠。
話題アニメに対し目立たないながら、作りがいい。
比較的言葉の使い方が上手というか、会話にセンスが光る部分がある。
ギャグアニメにしては芯の太いしっかりした構想が見える。
イケメン小林とファフニールさんに萌えるアニメ。



1484135473_1e11e5946cae1887cfad0b29aa815172_thumb[1]

<この素晴らしい世界に祝福を!2>
一応一期は見たので、二期も見ますけど
話があまり展開しないので、視聴を続けるかどうか悩むところです。
この世界で生きていく、という意思で主人公が主体的に行動した一期と違い
二期はカズマ君が何をしたいのか、よくわかりません。
膨大な借金があるよと言いますが、逃げるわけでも返すわけでもない。
返すことに必死になっているわけでもないし、苛烈な取り立てを受けている
わけでもない。
狂言回しとしてのキャラクターがおらず、ドタバタ劇に終始する。
どうも制御ができていない。ちょっといい加減な感じ。作画も。


ということで6本も。
3月になるころには、何本視聴レベルで残っているんでしょうか…。
あけましておめでとうございます

本年も何卒、よろしくお願いします。


いやー新年ですねー。新年。
私は、昨日の京急線の人身事故による遅れで、

飛行機に乗れず

新年を東京で迎えることになりました。
いやー

不本意ですねー

本年がいい年でありますように
資料も完成して準備が完了!!

   告知

アクアノートの平日オフ2016
開催!


【副題】
~VR革命 
  本当の副題は、オフ当日のおたのしみ~


とき :2016年12月30日(金) 20時から

ところ:新橋~
完全個室居酒屋 金魚 新橋店

http://r.gnavi.co.jp/a538u75s0000/map/

予算 :3000円 超過したら開催者のオゴリ


<後日判明要素>
コースは4500円だった(鼻血)



差額オゴリます…。


備考 :2時間飲み放題 そして鍋!

スタミナ牛もつ鍋(豚骨白湯)




<特別イベント>
門司緊急スペシャル(池上彰緊急スペシャル的ノリで)
・VRで拓かれるゲーム新時代
・ほかモンハンXXの話題など
等等

スライドが完成し、タブレットと、さらにハイテク(死後)な
システムを使ってのプレゼンテーションを実施します!
おたのしみに!


参加表明者
kuroko様
コクラ様
水素水様
野々原いちご様
もりあき

もりた名で
中に入って下さい