携帯ホームページ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

(旧コラム復活シリーズ)ホラーゲームについて

@門司
「……」

@へも
「総長……あの」

@門司
「いや、なんでもないですよ?」

@へも
「何も言ってませんが」

@門司
「そんなに、ほら、ええと調票のほうはもう8割方っていうか、
 ええ図面のほうも、その」

@へも
「総長?」

@門司
「だから、いや、だから組んでます大丈夫ですできます今晩中には
 いや15分でやれっていやだからああああああああああああああ
 ああああああ!!! エクセルがあぁあああぁあぁ不正終r」

@へも
「総長!? 総長どうしたんですか失禁なんて!!」

@門司
「はぁっ、はぁっ、お、恐ろしい夢を見た……」

@へも
「……大丈夫ですか?」

@門司
「ああ、ま、まぁ、なんとか」

@へも
「ちなみにどんな夢だったんですか?」

@門司
「えーとな、4時間超高速でエクセル作業してたら激重い図面を
 コピペしてる時にエクセル死んで、たまたまノンセーブだった夢」

@へも
「それ正夢じゃないですか」

@門司
「正に夢のような出来事ってことだな」

@へも
「そういえばですね、へも、この間夜空を見ていたらですね、総長の
 頭上に青く輝く星が見えたんですよ。
 綺麗だったなぁー」

@門司
「いやそれ俺の死兆星だから」

@へも
「総長もあんな輝きを放って散るわけですか」

@門司
「いや散らすなよ。テメーんなこと言ってるとマジで死んだ時に
 ゼータガンダムばりに平然と現れて夜な夜な語りかけるぞ」

@へも
「総長は絶対オールドタイプなんで大丈夫ですよ」

@門司
「ごもっとも」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


@門司
「というわけで本当に久々なんだけど、今日のブログテーマは
 『ホラーゲーム』にしよう」

@へも
「はいはい」

@門司
「なんやねん」

@へも
「総長ホラーゲーム大嫌いだったはずでは」

@門司
「うん」

@へも
「なのになぜ」

@門司
「いやあのね、へも君。世の中にはね、オバケなんかより遙かに怖いモノが
 たぁぁぁぁっくさんあるんだよ?」

@へも
「夜7時過ぎの主任からのメールとか?」

@門司
「うん。いやそれは本気で背筋が凍るね。休日出勤してる時のクライアント
 からの電話とかもね、いいかへも」

@へも
「はい?」

@門司
「電話が鳴るだろ。鳴り方が、わかるんだよ」

@へも
「……は?」

@門司
「いやそんなサイコ野郎を見るような目で俺を見るな。マジでわかるんだよ
 電話のベル音が。違うんだよ。ベル音に、負のオーラが
 満ち満ちてるんだよ。これ、極めし者にはわかるんだって」

@へも
「総長それわかったところで、出なきゃならないじゃないですか」

@門司
「逃れられない運命の歯車が、絶望へのサイレントノイズを刻々と
 空間に描写してゆくわけ」

@へも
「いやいきなりそんな抽象的な表現をされても」

@門司
「それはともかくだな、ホラーゲームっちゃー本当に息の長いジャンル
 だよなぁ」

@へも
「もっとも古いホラーゲームっていうとなんでしょうか?」

@門司
「やっぱり『スゥイートホーム』だろうなぁ。それより前のホラーってのは
 あんまり記憶にない。その次は『スプラッターハウス』だろうねー」

@へも
「古館まっぷたつ」

@門司
「若い人知らないんだよ。ファミコンのホラーゲームとしてはとてつもない
 名作で、怖すぎて流行らなかったけどこの作品のすごさは後のゲームに
 大きく影響を与えたよ」

@へも
「へー」

@門司
「たとえば、このゲームって回復アイテムの数が限られていて、マップの
 中に何個かしか無いの。だから回復を使うタイミングは計らないとダメなの。
 このシステムってどっかで聞いたことない? ゾンビの……」

@へも
「ゾンビハンター!?」

@門司
「違うから。『バイオハザード』だよ」

@へも
「へー! パクったんですか」

@門司
「いやそういうんじゃないんだけどな、あと、死んだらそれっきりで、
 キャラを生き返らせられない。これはローグとか元祖RPGでもあった
 システムだけど、パーティものでは珍しかったはず。このシステムも、
 今メジャーなゲームで取り入れられてるよね。例えばファイヤー……」

@へも
「バレル?」

@門司
「お前本気で脳が壊れてんじゃないか。全くこれでもかってくらいに
 どマイナーじゃねーかよ。ここのブログ見に来てる人の97%はメーカーも
 知らないんじゃないかな」

@へも
「いや総長だって知ってるじゃないですか」

@門司
「当たり前だ。アイレムがアーケードから消えた最後の
 ゲーム……確かガンフォースだかジオストームだかが本気で最後だったはず
 だから、STGとしてはファイヤバレルが最後だと思う。いやそんな話じゃ
 なくて、ファイヤーエムブレムだよ」

@へも
「ああ、あのシリーズが続いて題名の『ファイヤーエムブレム(紋章の盾)』が
 出てこなくなったのに未だにタイトル変わらないアレですか」

@門司
「いやそんなことはもう誰も覚えてないんだが。とりあえず話が超まわりくどく
 なったけど、ホラーゲームとしてもRPGとしても一流だったよ。
 音の演出とかも素晴らしかった。でもおかげで怖くてホラーゲームが
 嫌いになったんだよ!! どうしてくれる!!」

@へも
「そのせいだったんですか!?」

@門司
「ああそうさ!! あとスプラッターハウスもキモくて嫌だっ!!
 ったくしばらくのあいだ、ホラーゲーム出なくて平穏な日々を過ごしてたって
 言うのに、『バイオハザード』が思い切りヒットしたせいで
 サイレントヒルやらエコーナイトやらD……」

@へも
「……D?」

@門司
「い、いや、つい勢いですごいタイトルを言ってしまうところだった……
 危ないところだった……」

@へも
「Dって、要するにあの」

@門司
「いやだから」

@へも
「ワープ番長のことですよね?」

@門司
「黙れバカ」

@へも
「な、なによっ!!! ばかとか言わないでよ!!」

@門司
「お前は言ってはならないことを言った……」

@へも
「そ、そなの?」

@門司
「あの『すごく新しくて洗練されていてカッコイイ』WaapのE野先生の
 ゲームは、私たちゲーマーには口に出すのも烏滸がましい!!」

@へも
「いや正直に忘れていたいと言えばいいじゃ
 ないですか」

@門司
「いや正直に言うと『風のリGレット』をやった直後には、
 『おいロンゲてめー今度TVでゲームクリエイターとかのたまいやがったら
  1回につきその脂肪1リットル吸引してやる』
 とか思ったねー」

@へも
「古き良き想い出ですよねー」
スポンサーサイト

| なんとなく復活旧ブログコラム | 08:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

(旧コラム復活シリーズ)タイトーについて

@門司
「うちっらよほぉきなかっしまっしむっすめ~♪」

@へも
「……」

@門司
「ようへも! どうした全身陰気ムードで! 生理か!?
 いかんなー生理は。気合で止めろよー」

@へも
「……総長。あのですね、私前から言おうと思ってたんですが」

@門司
「ああ何だ。今日は派手に会社に遅刻して元気一杯だ!(3月末日のこと)
 クソ忌々しい3日酔いも治ったし何でも言え! もう自棄だ!
 カム!」

@へも
「いい加減ゲームの話題書けよ」

@門司
「すみませんいい気になりすぎました」

@へも
「ったく反省だけは音速なんだから……」

@門司
「今日はうちの会社で起こった出来事を話そう」

@へも
「唐突ですね。一体何ですか」

@門司
「俺が仕事をしているのは某社の6階なんだが、
 実は3階にバイトですごい美人が入ったんだ。
 なんか身長170センチぐらいある元モデルさん
 らしい」

@へも
「へぇー」

@門司
「んでまぁ話は聞いていたんだけど適当に忘れて
 いたら、今日の昼にエレベーターに見覚えのない
 美人が乗ってきた。うわ、この人のことかぁぁって
 なんか脳内にアースウインド&ファイヤーの
 セプテンバーが流れ始めるような恍惚を覚えたと
 思ったら、その後お弁当屋さんまでも同方向で」

@へも
「はぁ」

@門司
「しかし彼女、そこの弁当屋で一番マズい酢豚弁当
 買っちゃったんだよな」

@へも
「……」

@門司
「あーこういうとこで止めてあげたりしたらフラグ
 なんだろうかとふと思ったが。第一どんな酢豚好きか
 知らないが見た目からしておいしそうじゃないんだよ?
 止めるかどうかで10秒悩んだ」

@へも
「いやそれ単なるウザ系お節介ですから」

@門司
「そうかな」

@へも
「で、それで総長とのラブロマンスはどうしたんですか」

@門司
「いや全然興味ない上にその人ミセスだってよ」

@へも
「今回は着信拒否されなくて良かったですね」

@門司
「全くだな。益々俺の評判が下がる」

@へも
「いえそれはもうストップ安ですから」

@門司
「売り時だな」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


@門司
「そんなわけで今日の話題は『タイトー』と
 『エレベーターアクション』だ」

@へも
「相変わらず意味のない前フリでしたね」

@門司
「中身もなかったな。で、エレベーターアクションと言うと
 1985年にファミコンで発売された。その二年前だな。
 アーケードは。言わずと知れた名作なのだがいまいち
 パッとしなかった」

@へも
「なぜ?」

@門司
「ゼビウスが出てたから」

@へも
「ああ……なるほど」

@門司
「この頃のタイトーはインベーダー以降、大きなヒットを
 飛ばせなかった。そんな時に生まれたヒット作がこの
 『エレベーターアクション』だったというわけ
 これを弾みにするように初期の名作の数々、
 『フロントライン』や『影の伝説』『奇々怪界』など
 アクションゲームをリリースしていった」

@へも
「ふーん」

@門司
「エレベーターアクションはもちご存知だと思うが、
 横画面縦スクロールの画面で、ビルに潜入しエレベーター
 を使い、各階の機密文書を入手し、ゴールである最下層の
 駐車場へ向かうゲームだ。武器としては拳銃と、ジャンプ
 キックなどがあるが、攻撃手段としては天井の電灯を射撃して
 落として敵に当てて倒すとか、エレベーターで圧死させる
 などの手段がある。萌え」

@へも
「萌えますか?」

@門司
「圧死は特に。タイトーってメーカーは俺は好きかどうか
 言われると微妙に好きって言うレベルなんだが、それもこれも
 このエレベーターアクションを初めとして、どれもこれも
 プチかっこいいとか、ミリおもしろいとか、そういう
 『当たりじゃねーけど外れてもいない』的ソフトが多い
 メーカーなんだ」

@へも
「タイトーさんのゲームというと、ダライアスが有名ですかね。
 あとバブルボブル」

@門司
「まー総じてアクションかシューティングだな。RPGなんてまず
 出ない。と見せかけて実はタイトー開発じゃなかったはずだが
 唯一のRPGである『エストポリス戦記』がある」

@へも
「とにかく徹底してアクションかシューティング系なんですね」

@門司
「昨今のナムコに説教してもらいたいぐらいにな」

@へも
「……というか、売り方がヘタなんじゃないですか?」

@門司
「それもあると思うが、やはりゲームをゲームなりに楽しめる
 形で表現することを追及する――追求しすぎて、最高のクオ
 リティを誇る音楽・最高のグラフィック・最高の操作性を
 もって小粒なゲーム作ってしまうというか……」

@へも
「なんか不憫なメーカーですね……」

@門司
「いや不憫さで言えばジャレコの比じゃないんだけどな…… ここまでいいもの作っていながら、腰を据えて遊べるゲームが
 あんまりないのは本当に、何が悪いのか……」

@へも
「いや総長」

@門司
「何だ」

@へも
「わかってる口調ですよ。総長」

@門司
「……いやまぁ、わかっちゃいるんだけどなんとなく」

@へも
「言ってくださいよ」

@門司
「言うのか」

@へも
「はい」

@門司
「じゃあ言うぞ」

@へも
「ええどうぞ」

@門司
「ダサいんだよ雰囲気からして……」

@へも
「久々に総長のわが身を省みないぶっちゃけきたーーーー」

@門司
「俺が思うに、どうもあれだけCMで売り込んだ『フリップル』が
 スッこけてからのような気がするんだよな……ユーザーのハートを
 掴むのがとにかく下手で、いや、きっとわがままなんだよ。
 開発にポリシーを持ってるんだよ。その精神はすごく好き。
 ただな……ダサいんだ……紙一重にかっこ悪い……
 あくまで個人的意見でな。でも、各自想い出してみてくれ。
 タイトーのゲームってなんかどっか、ほんの一部とかだけ見ても、
 『カッコ良さを勘違いしちゃってる』ところがないか? って
 事を……」

@へも
「いやそれ想い出しても何にもいいことないですよ……」

@門司
「20年来言いたかったこと言えてスッキリしたんだから。
 まぁ良しとして」

@へも
「話がかみあってないですが」

@門司
「とりあえず俺的に名作は『エレベーターアクションリターンズ』だ。
 あと『クレオパトラフォーチュン』みんなどんどんインカムまわすように」

@へも
「なんだか久しぶりにきれいにまとまりましたね。あれ、総長?
 あ! いなくなってる!!」

@へも
「と思ったら書置きが……なになに。『俺様の名前を言ってみろ』
 ジャギ様じゃないですかこれ。あ、違う裏だ」

@へも
「えーと……なになに。


『マイノリティなのは俺だけでいい』


@へも
「…………意味がわからないんですが」

| なんとなく復活旧ブログコラム | 00:10 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT