携帯ホームページ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

高砂温泉(旭川市)


出張で旭川に来ました。
明日は朝が早いので、
泊まるのはどこでもよかったんですけど、
どんなものか気になって
高砂温泉を選んでみました。

建物は昭和感が満載と言うか、
外観から内装まで全てが昭和40年代テイストで、
そもそもここは温泉でもなんでもなく
普通の銭湯、どちらかといえばスーパー銭湯の分類に入る。

玄関をくぐって見たものは、
エアホッケー、テーブル筐体のゲーム、
ブラウン管テレビ、ジュークボックスが三台、
この時点でも結構凄いものがあるような気がします。

割とガチで衝撃を受けている僕の耳に飛び込んでくる
渡辺真知子のかもめが翔んだ日。

エアホッケーで楽しそうに遊んでいる中学生。

いろいろ衝撃的な建物です。

なんでこんなに時代錯誤な空間がここにまだ残っているんだろう?

そしてこんな風に時代の狭間に取り残された様な建物が、
ものすごく賑わっていて、
日帰り入浴の客足も絶えることなく、
宿泊の部屋も満室に近い状態で。

(後で知りましたが、
旭川市民にとってみれば、かなり有名な施設だった様です)

部屋はもちろん和室。
意外なことに冷房も完備しています。
古さを感じますが部屋はとても綺麗に整頓されていて、
汚い印象を受けることはありません。

お風呂に入ってみましょう。

このお風呂がまた凄くて、
どうすごいかと言うと
頭のおかしい建築家が設計した様な増改築しまくりの、
スペースを見つけたら、
そこにはすべて浴槽おかなければならないという
強迫観念に駆られたような、
とても計算されているとは考えられない様な、
めちゃくちゃな構造をしていて、

一例を挙げると、浴槽の中に巨大な灯台が立っていて、
しかも何の役にも立たないただの見掛け倒しだったり、
子供用のプールと滑り台があったり、

浴室の中のに階段が3つあって、
屈まないとくぐれない扉があり、
その道を抜けてもう一段上がると屋上の
露天風呂。

かなりの増改築の結果こんな風になってしまったのか、
よく分かりませんが。
浴槽の数だけは果てしなく多くて、
10を超えることは間違いなく、
いや多分20を超えているでしょう。


子供用のプールに、『大人は入ってはいけません』
という風に書いてありますが、
普通に高校生とかが遊んでいます。
高校生がお風呂で遊んでいる無邪気な光景もまた昭和です。

子供用のプールには『水着で入りましょう』という
注意書きが書いてありますが、
そもそもお風呂の浴室の中にプールが
独立して存在するわけではないのに、
水着で入ったらお風呂には入らず、
水着で入らなかったらプールは利用できないという、
ジレンマに陥るのはどういうことでしょうか。

ん?

よく見たら、
下には小さく『水着を持ってこなかった子は
今度は持ってきてね』と言う記述が。

つまり

努力目標だった。

誰も従わないだろ…。

ふわふわとした感覚で入浴を終えた僕がロビーに戻ると
石原裕次郎のブランデーグラスが流れていた。

昭和気分が味わえるところではない。

この施設は未だに昭和のままだ。

ちなみにこの施設のことは
どちらかといえば嫌いではない。
スポンサーサイト

| 温泉 | 00:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

乃木温泉なごみ 函館市乃木

久々に函館に来ました。

月2ペースで来ていた頃が懐かしい。

今回は、いつも通り常宿と化している大黒屋旅館に
泊まっていますが、行ってない温泉も攻めてみます。

『乃木温泉なごみ』

五稜郭からもほど近い、函館競馬場からは
めちゃ近いこのあたりに温泉があります。

見た目普通な感じのスーパー銭湯ですが
中身はバリバリの温泉です。

浴室は外見にするとやや小さく見える。
中型浴槽が四つ、温泉、高温泉、変わり湯
普通の感じです。綺麗なスパ銭。
お湯は少し黄土色に濁ったような感じで、
まるで七重浜と谷地頭が混ざったような色。

味わうと、いわゆる塩とカルシウムの味。
函館っぽいミネラル多いお湯。
当然目いっぱい掛け流し。浴槽のフチから
ザバザバ豪快にオーバーフローしとります。

露天風呂はと言うと、これはうってかわって
内風呂よりもかなり広い。
大きな熱い岩風呂と、更に大きなぬるめの大きな浴槽。

露天風呂はと言うと、なんと
お湯の色が透明です。銀白色のお湯。
湯の川温泉のお湯と見た目は全く変わらない。
なんででしょう?

源泉は特に二本あるように書いてないので、
これは多分、空気に触れる時間によって
色味が変化する温泉なのでしょう。

露天風呂の方ももちろん全て掛け流し。
オール温泉、かつ歩行湯があり、
歩行湯の方も掛け流しというのがまた素晴らしい。

さすがは函館。
お湯の使い方に妥協が全くない。

素晴らしい施設だと思いますが、
ちょっと気になったのは、館内にずっと流れてる
オルゴールの曲と、露天風呂のテレビ。
そして広々としてるけど殺風景な空間。
なんだかもったいない気もします。
しんみりと、暗い雰囲気の中で、
静かに極上のお湯を味わえる空間があれば
嬉しいのだけど…。

まぁ、旅行で使うような温泉ではないから…
これでもいいのかな?

普段使いしたくなる温泉としては、もちろん
最上級のものです。つくづく函館民が羨ましい。

| 温泉 | 19:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT