携帯ホームページ

2011年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年02月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

カフェ ビッグフォレスト(江別市大麻)

大麻。

『たいま』ではない。
『おおあさ』である。


札幌近郊では普通にメジャーな地名で、通勤ラッシュ圏内。
それでも内地の人から見るとびっくり地名筆頭候補の大麻。

そこにある手作りログハウスの喫茶店。ビッグフォレストに
ご飯を食べに行った。2日連続で。


ラムステーキセット 1200円(サラダ・コーヒーつき)

まず、ここのコーヒーはいわゆる水だしコーヒーで
かなり美味しいと先に書いておく。

さて、ラムステーキだが、これがとても肉厚で本当に
食べ応えがある。
グレービーかバーベキューソースに近い味付けが施されていて
甘味があるのだが、これがワイルドなラムステーキに
ガッチリ組み合って、素晴らしいマッチングになっている。
ステーキという感じよりも、ラム肉のグリル料理。
そういう印象に近い。

中心はきれいなピンク色の半生で、ジューシーな肉汁が
溶け出してくる。肉っぽさと果汁感があるソースが
合わないわけがないという感じである。

ご飯はさらっとな量なので大盛でいいかもしれない。

二日目はハンバーグをいただいた。1050円のセットで
これもコーヒーがついている。

このハンバーグ、滑らかな口当たりで、本当に気持ちよく
こねられていて、ジューシー感もあって、おいしい。

なにより特筆すべきはスパイス。
肉を一切れ口に入れるとナツメグとペッパーの香りが
ぷんぷん漂ってくる。
実に王道で何のてらいもないデミグラスソースが、
この極めて特徴的で刺激的なハンバーグにバッチリと合う。
素晴らしい味です。
個人的にはこのハンバーグのスパイシーさは殿堂に入れたい
ぐらいだ。何の殿堂かは気にしなくていい。

ただ一つ、惜しいと思うのは
ハンバーグとご飯というのは鉄板だと思うが
ここのハンバーグにはご飯ではなく多分、パンが合う。

スパイスをパンに振りかけて食べると美味しいだろうけど
ご飯には振りかけないだろう。
そういう意味で、ハンバーグとして十分に完成の粋に
達しているこのハンバーグは、ご飯のおかずには少し味が
きつすぎるような印象を受ける。
ご飯を口に含むと単に、ハンバーグの風味が薄まるだけの
ような感じがして、ご飯の印象もなくなるのだ。

どちらかというと、ハンバーグとパン。もしくは、お酒が
合うのかもしれない。きっとローヌのシラー種を使った
スパイシーなワインが合うんだろう。
これはこれで面白い。

お店の雰囲気は丸太小屋のようで、こんなに家の近くに
こんな素晴らしいお店があったのかと、感動物だった。
冬は薪ストーブが燃えており、まさに北国で味わえる
最高の冬ごもりの感覚だ。

普通にお勧めのお店。
スポンサーサイト

| 外食とか料理とか食関係 | 13:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

回転寿司 和楽 石狩店


シメサバ190円 サーモン140円


石狩方面に仕事に行ったとき、事あるごとに目についた
回転寿司屋『和楽』に入ってみました。

全体的に評価としては、美味しい部類に入ります。

どのネタも鮮度においては悪くなく、ちょっとネギトロ
系統のネタがあまりにもペーストっぽいネギトロで
回りのバランスの中では妙に気が抜けていますが。

あと、このお店はハネ、つまり海苔と、酢飯がいけてない。
海苔はどうも香りも歯応えも弱いし、酢飯は全然味がない。
おにぎりみたい。

あと、各ネタがほんの少し、印象として10~20円だけ高い。
味としては札幌の中でも上位に入ってもいい程度の味だが
会計で、他店と比べたら100円ぐらい高くなる感じがする。
それでいてクレジットカードも使えないということで
どこか美味しかった印象以上に、残念な感じがぬぐえない。

激戦の札幌エリアで生き残るにはもうひとつ上のランクの
企業努力が必要かなと思うのだが。

| 外食とか料理とか食関係 | 13:06 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

札幌トラックセンター 休屋


トンテキ定食(日替わり)650円 大盛無料


今日は新札幌周辺、江別周辺にいるところで
ちょうど真っ昼間。札幌トラックセンターへ向かう。

目的は、
このブログでは何度も出てきているトラッカー
御用達の食堂『休屋』だ。

今日の日替わりはトンテキ定食。

見てよこのボリューム。
肉は冷凍でぱさぱさだけど、このボリュームよ。
650円でご飯大盛りでこれだよ。
相変わらず食べたいときには最高だね。

トンテキは肉がパサついててと言うけども、
それで全然ダメだよ、ということはない。
ひたひたのタレの味わいが、また肉だけにニクい感じで、
いや堂々とそういうダジャレ言えるのが夢でして、
ともかく味付けが美味しい。

しょうが焼きよりもさらに甘い感じで、どこか煮魚のような
甘さというか、焼き鳥のタレのような甘さというか。
すきやきのようなというか、
ともかく結構甘い。

で、右上に鎮座する目玉焼き。これを潰して、
それをこう、絡めるようにしていただくんですよ。
これがマイルドでうまいんです。もう大盛のご飯なんて
あっちゅうまに行っちゃいます。

ああもう余裕でお腹一杯。
やっぱり休屋は安定の選択。

| 外食とか料理とか食関係 | 12:57 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アクアノートの平日OFF開催

仮告知

飛行機取れました。
やります。


時刻 2012年3月24日(土) 18時ぐらいから。
場所 池袋あたり
会費 2500円~3000円 食事つき飲み放題
任意参加の二次会もあるかもしれない(無かったことがない)

クリスマス がらくた プレゼント交換会やります。
テーマは後で決めます。

もちろん門司の画用紙トークライブは頼まれなくてもやります。
聞きたくないと言われてもやります。

とりあえず日程時間的な話は決定事項です。
内容に関してはもう少し吟味します。

いつも通りですが特に参加条件等はありません。
観劇をする気分で来てくださって結構です。
初めての方も心置きなくご参加ください。

参加希望出せる方は出してくれちゃって結構です。
また正式告知時にも参加希望募ります。

| 閑話休題 | 18:02 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

政宗(大都技研)

久しぶりにパチスロの話。
大都技研の『政宗』を打ってきた。

ここ最近パチスロは打ってなかったので久しぶり。

大都の機種は最近は『番長2』が有名だが
どうも大都の機種はいまいち楽しめないというか、
なんか極端な台が多い感じであまり打たないメーカー
だったのだけど、世間ではこの政宗の評価がかなり
高かったので、
ゲームセンターで試しに打ってみたところ、確かに
面白かった。

この政宗という機種は、ボーナスとARTをどちらも
搭載した機種で、ビッグボーナスとレギュラーボーナス
どちらも合算した確率は、設定1で260分の1程度。
設定6で210分の1程度と、割とボーナスが軽めの機種だ。

それに通常突入のARTが設定1で580分の1程度ある。
設定6は忘れたけど200分の1ぐらいだったはず。

ボーナスとARTを合算すると設定1でも180分の1ぐらいと
なかなか甘そうなスペックに思える。

技術的な話をすると
この機種は少し変わったARTシステムを搭載していて
通常時のレア子役、ボーナス等で50GのARTに突入するのだが
その50G間、今時流行りの『レア子役引いたら
ゲーム数上乗せ』的なシステムがない。
ループタイプのARTでもない。じゃあART増えないじゃん
すぐ終わっちゃうじゃんとなるが、違う。

いや、実際すぐ終わることも多い。
仕組みはこうだ。

ART中の上乗せは、青7揃い(青7はスペシャルリプレイ)
の時だけ、30Gから300G上乗せされる。
その青7というのは、ARTに突入したときに
内部で『何G後に青7が揃う』と決められているのである。

確か1G後から400G後ぐらいまでの範囲で。

で、ほとんど400G後が選択されているのである。
だから50GのARTを回しても、通常なら殆ど青7は引けず
つまり上乗せもない。

ただし。
ART中にレア子役やチャンス目を引くと、何%から何十%の
確率で、『青7が揃うまでのG数』を短縮できるのである。
確率はいろいろだが最短10G後ぐらいまで短縮できる。

だから、50GのARTでも青7を揃えるチャンスはある。
さらに、ARTの終了後は、6分の1の確率で青7を揃える
ことができる自力突入ゲームがある。

つまり運があれば引けるようになっている。
しかも何度もこのチャンスが貰えることもある。

この辺のバランスがとても秀逸で、
ARTのレア子役を引く度に、今のは短縮当選したかとか、
してないかとか、演出を見ながら推測する楽しみがある。
(短縮に当選している場合は、数G後にバトル演出等に
発展し、勝利して青7を揃えるゲームが発生する。
当然演出は強いものが出やすくなるため、期待感がある)

そこにボーナスも絡んでくれば、出玉が増えるという
システムだ。

何より強いのがその青7揃いで、青7を揃えられた場合は
ボーナス中、ART中関係なく、例え自力揃いであっても、
30G以上のART上乗せが確定した上に
『秀吉決戦』というプレミアムARTに昇格する可能性がある。
秀吉決戦中は、50%から85%の確率で毎G継続抽選となり
その殆どのゲーム中で、青7が完全ナビされる。
30G以上の上乗せができる青7が5回も6回も揃えられる。

これが、今時のARTの『数万分の1』とかではなく
青7揃いの結構な頻度で……体感的には30%ぐらいの感じで
秀吉決戦に突入する。
中々面白い。夢のような確率ではないから、自力には
大きな期待が持てる。

しかもどんな状況からでも大逆転や爆発があるという
期待感に繋がる。


今日は夕方からホールに行って、
ボーナス合算200分の1の台が普通に捨ててあったので
その台が空いた瞬間に座った。

座ってすぐレギュラーボーナス、その後ハマらずに
BIGを2回引く。ARTには入らない。
チャンスが大きい分ARTには入りにくい。

少し現金投資したところで通常からART突入。
突入後短縮当選して、青7揃い。
秀吉決戦に行って130G上乗せ。少し増やす。

そこからボーナス引くもARTに入らずじり貧の展開で
3度目の現金投資をしかけたところでまたBIG。
BIG終了後、高確からARTに入る。

そこから甦った。
ART終了後、自力青7選択に正解。50GARTが増える。
その後短縮当選。そこで揃った青7ダブルライン揃い。
ダブルライン揃いは秀吉確定だ。
100G上乗せの上に、秀吉決戦で6回青7揃い
ダブルラインももう一回引く。それで330G上乗せ。

その数ゲーム後にまたしても青7(短縮ではなく
短いG数が選択されての青7連)
100G上乗せして秀吉決戦。150G上乗せ。

ボーナスで40G上乗せ、押し順正解で30上乗せ……
気がつけば
午後9時40分。ART消化数300G、残り500G。

た、大変だぁー
これは取りきれないー


必死で回すが、こんな状況下で秀吉決戦に2回も突入。
150G以上上乗せ。

閉店まで15分のアナウンスの時に残80Gで、取りきれるかと
思ったがここで高確からナビあり青7。
もういいよ!!
秀吉決戦突入。しかし青7、2回で落ちる。

60G上乗せ。
しかしもう致命的な60G。残り10分で残り120G。

ギリギリ消化できるんじゃないかと思ったが
そこからすぐにボーナス。消化すればまだ間に合うと
思ったら7G後にビッグボーナス。

閉店まで2分。終わった……。


この写真を撮っているとき、もう店員が後ろで待機。

2200枚程度を流して終わり。
残り130GのART。勿体ない。

無念。

だがとても面白かった!
出れば面白いとは思うが、しかしいいシステムだ。
とてもよく考えられている。
世間の評価は正しかった。




今日打った政宗は、けっこう設定が入っていると思うが
厚別のダイ○ロー
なんと5スロも等価交換で、1万1千円も交換できた。
周囲も出ていたし、全体的に客つきもよかった。
そこそこに設定入れる店らしい。
それで等価交換はかなり、いや、相当おいしい。
これからスロット打つときは覗いてみることにしよう。




2年ぶりぐらいにすき家で牛丼を食べる。
ご、豪勢……すぎる……!
とくにこの豚汁! ちょっと贅沢しすぎなんじゃないかと
猛省……っ! だが……っ! 美味い……っ!

| 閑話休題 | 00:17 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT