訪れたことを忘れていたけども
ふとしたことで
思い出す店というのがある。

帯広『長寿庵』もその一つ。

だいぶ前の話なので、記録的な感じではなく、ちょっとした
回想録のように書いてみる。

帯広駅から徒歩10分。繁華街のど真ん中にあり、
駅前のホテルなどからもすぐに行ける。
木造の古臭い、まぁ味があるとも言える二階建ての店は
氷点下10度以下、冬の帯広の中で、寒風に縮こまっているように見える。

とにかく帯広の店は、閉まるのが速い。
豚丼の有名店『ぱんちょう』は19時に閉店。
『とん田』は18時に閉店する。

そんな馬鹿なと思うなら検索してみるといい。

帯広に到着した旅行者は、17時にホテルにチェックインしたら
間髪入れずに食事に行かなければいけない。
間違っても6時のNHKニュースなどを見てはいけない。
サザエさんを見てしまうと確実に食べられない。

帯広というのはそういう街だ。

しかしこんな冷酷な街にも、一握りの愛は残っている。
もりあきが愛してやまない料理店『ゆうたく』は、なんと
夜21時という深夜まで営業しているのだ。
この時間には帯広の市民の97%は就寝しているというのに。
ありがたいことである。

だが、もし、それでも、万が一、
交通事情が良くないために、21時以降に帯広に到着した場合。
または、
あろうことかモヤさまに続いて、
行列の出来る法律相談所を視聴してしまった場合。
グルメな観光地において、食事の楽しみというものは望むべくもなく、、
あえなくセイコーマート行きとなる。

時間を無駄にしてはいけない。

そんなことは、わかっていたはずなのに。

私は残念ながら、仕事が忙しく、帯広市街に到着した時には
23時だった。

お年寄りであれば、そろそろ起き出すぐらいの早朝である。
こんな時間では食堂どころか、町の中には人っ子一人いない。

帯広への出張が両手両足と両耳を足したぐらいの数である
私が、そう考えるのも無理はないだろう。

だが。

スマートフォンを操作すると、信じられないような情報に触れた。

なんと夜中の23時に開店している店が、帯広に存在するのだ。
ブラフではない。真実だ。
しかも日をまたいで、25時まで開店しているという。

夜行性のエゾシカ相手に営業しているのだろうか?

前置きが長くなったが、私はその店に向かって車を走らせる。

適当な駐車場に車を放り込むと、スマートホンのナビに従って歩き
すぐに店を見つけることができた。

  帯広『そば 長寿庵』

店の中は、人間の先客が何名かいた。おそらくは全員、
外の世界から来た人間だろう。時差ボケのためにこのような深夜に
食べに来たに違いない。

蕎麦屋という業態は電子情報網より察していたので、蕎麦を注文する
つもりだった。バナナで釘が打てるどころか、新鮮なペンギンでも
凍り付くほどに寒い帯広にいるのだから、暖かい蕎麦がいい。

だが、メニューは私が思っているよりもはるかに充実していた。

  豚丼蕎麦セット 900円

そのたまらなく地元臭が立ち昇るセッティングを、私は注文していた。
闇夜に浮かぶ月(生卵の事ではない)に突き動かされたように。


DSC_0192_201703031842307fd.jpg
豚丼蕎麦セット 900円

帯広の流儀として、豚丼に山椒をふりかける。

口に運んだ私は、呻いた。
「(これは、全く問題ない)」

炭火で焼いたわけじゃない。特別に上等なわけでもない。
だが、普通以上の肉を、フライパンで、絶妙な味付けの甘辛い豚丼たれに
からめている。これは、
これは、一流店の味ではないけども、
間違いなく帯広の豚丼の味だ。
肉厚で、甘く、どっしりとした豚肉の風格にピリッと効いた山椒。
保温焼けなど全くしていない旨いごはんが、たまらない。
そして、これも特に出来合いのものではない、普通に美味な蕎麦と共に
味わう。そう。夢中になって。

ああ、これは。
餓えた労働者を救済するために神が用意してくれた憐みか。


<マタイの福音書 第15章>

イエスは弟子たちに「豚肉はいくつあるか」と尋ねられると、
「七つあります。また小さい魚が少しあります」と答えた。
そこでイエスは群衆に、地にすわるようにと命じ、
七つの豚丼と魚とを取り、感謝してこれをさき、弟子たちにわたされ、
弟子たちはこれを群衆にわけた。
食べた者は、女と子供とを除いて四人であった。
(うち一人はダブル大盛りであった)



主よ、空と大地の恵みに感謝します。
合掌。
エルカンターレ。
池田大作。

とにかく何でもいい。何かよくわからないものに感謝します。

帯広でどんなに仕事が遅くなったとしても、
豪雨で橋が決壊したとしても(笑えない)
このお店は開いている。

それは、勇気に変わる。
社畜精神を加速させる勇気に――。


スポンサーサイト