携帯ホームページ

2017年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

音声入力のテスト

お疲れ様です
ご無沙汰しております。

今回ちょっと新しい試みとして
音声認識だけでブログを更新してみると言うことにしました。
もちろん改行と読点は入れられないので
キーボード上で入れていますけどもほとんど9割方音声認識だけで
入れてあります

音声認識で文章を作るのは一見何となく簡単そうに見えますけども
実はキーボードで文章を作るよりもはるかに難しいことで
人間はあれですね
喋りながら何かを考えるって言うのはかなり難しく、

しゃべっている間に意味のあることを頭の中で組み立てているのは、
一種の才能的なものが必要になる様で、
いかにシナリオライターや文筆業をやっている人間が、
キーボードの前でうん唸りながら文字を書いているのかということを証明するものです。

まーこーやってみてみてたらわかるように、
音声認識の精度は今やほとんど
打ち間違えを発生させない様になっているんですけど、
音声で入力しようとすると、
頭の中で文章を遂行できないので、
大して意味のない文章がつらつらと並ぶことになるのです。

これを実用化させるためには最初っから原稿を用意しておいて、
その上で小説何々なりをかきあげる様に良いのかもしれませんけど、
それって完全に本末転倒だし…

それにしてもこれは少なくとも書くこと自体は楽です。
この文章は入力するために1000円程のピンマイクを購入してみたんですが、
正直これだけでもかなり入力精度が上がってる感じがするんですね。

こうして書いている文章を見ていると
やはり文章は口語調になってしまうと言うか、
冗長な感じがします。

何か意味のあることを考えないと、、、

ちなみにこの文章を入力する時に
使用しているアプリは android アプリの
スピーチノートです。
なかなか使い勝手の良い感じなので興味のある方は試してみたらいかがでしょうか。

なんかすごい気持ち悪い感じがします。
何が感じ悪いかって、文章の語尾も統一されていないし
敬語だったりそうじゃなかったりと、
もりあきがいかに普段変な喋り方をしているかということが、
バレバレになってしまうんですね。

自分自身も喋りながら何かを考えていると、
ここまでまとまりがないとか考えてもみませんでした。
ただ確かにこの入力は楽です。

これだけ文章を入力していても全然疲れないし、
これを入力するのにたったの5分しかかかっていない。
そういう意味で言えばめちゃめちゃ画期的な入力方法だとは思いますが、
内容が全くない文章に何の意味があるのかと言うことも
同時に考えさせられます。

まあ例えばこれは車の中で、キーボードとかを展開する余裕がない時に
用件だけを伝えるためにメールを入力したいとか
そう言った要望がある時には良い方法かもしれません。

本当に良い時代になりました。
技術力が上がったと言うことよりも
音声入力が現実的になったということで
初めて本当の意味で恩恵を受けることができた気がするんですね。

今なんとなく思いついたんですけど
普通にデスクトップとかでキーボードを打っている時に
補助的にこの入力を並行して使って行くのなら
かなり早いし楽ができると思うんですけどね。
実際シナリオとか小説を書く時には、
いろんな記号とかも使わないといけないし、
読みやすくしなければならないからこういう風にダラダラと、
思ったことをただただ書いていくだけでは
いけないと思うんですけど、
物は使い用と言うか、
組み合わせることでたぶんうまく
使える様になると思うんですよね。

そういえば最近テキスト入力用に
フットペダルも買ったんですよね。
フットペダルとキーボードと音声入力を全部駆使して
テキストを書くとかかっこいいじゃないですかね。

ちなみに今何バイトぐらい喋ったんだろ。
もしこんなんで1キロバイトいくらでシナリオライターとしてお金もらえたら
相当楽だったなーと思った。
喋ってるただ単に見ているだけなんだから
これはもう読む方にとってみれば随分面白くないんだろうけど。

本当にすごいね。
テキストなのにライブ感があるね。
ある意味肉声よりもよりもそれっぽいと思うよ。

門司さんにオフ会とかで会ったことがない人には
本人はこういう風にどうしようもなく
つまらない感じで喋っていると言うことが
分かってくれると思います。
このつまらなさはあれだね、
別にそんなに好きじゃないフォーク歌手のライブに行った様な感じの
その mc のところですごい微妙な感じのジョークを言われて
生ぬるい感じの笑い声が起こるのを聞いている様な
そんな感じじゃないでしょうか。

20分しゃべりました。
今回はこんなところで終わりたいと思います。

ご清聴有難うございました。

門構え司でした。

どうしてもこういう風にしかならない。
スポンサーサイト

| 閑話休題 | 23:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハーベスター八雲・リベンジ



以前、八雲インターチェンジを通りがかった時に
ハーベスター八雲のフライドチキンを食べた。

美味かった。掛け値なしに。

今回はハーベスター八雲の店舗の方へ直接
行ってみることにした。

ハーベスター八雲がというのは、
ご存知の方もいるかもしれないが、説明すると
ケンタッキーフライドチキンの実験場だった
施設で、たくさんのニワトリが飼育されていた。
ケンタッキーフライドチキンがこの実験場を
手放した後も、ハーベスター八雲という
レストランとして運営されている。
そこのフライドチキンはケンタッキー
フライドチキンに味はかなり近いものの
別物で、なおかつ大量生産ではない美味な
鶏肉で作られている。


園内見取り図。かなり広大。


料理はフライドチキンばかりではない


変わった作りになっていて、注文は社員食堂の
ようにトレイを持って商品を注文するように
なっている。メインディッシュは最後に
会計とともに注文するが、そこまでにたくさんの
誘惑がある。イメージとしては、
極めて綺麗で
魅力的な丸亀製麺



テラス席からの眺望は極上。
ただし、カラスにフライドチキンを奪われる
事件がよく起こるらしく、
注意書きがたくさん見られる。


冷製海鮮パスタ900円ぐらい。
フライドチキン240円ぐらい。
グリルチキン260円ぐらい。

フライドチキンが揚げたてではないのは
やや残念だけど、しかしやはり美味い。
ケンタッキーフライドチキンに果実のエッセンスと
スパイスを加えたような。
鳥の旨味が感じられると思って注文した
グリルチキンも美味しいが、やはり
フライドチキンのほうが良いかもしれない。

意外にも冷製パスタもこの手の観光レストランに
しては非常にボリューミーで、パスタ自体も
大変しっかりしており、トマトも酸味のあるものと
甘みのあるものを使い分けたりと
かなりコストパフォーマンスは良く感じた。


まぁでも、この眺望で食べられれば、
大抵の料理は美味しいかもしれない。



| 外食とか料理とか食関係 | 19:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

乃木温泉なごみ 函館市乃木

久々に函館に来ました。

月2ペースで来ていた頃が懐かしい。

今回は、いつも通り常宿と化している大黒屋旅館に
泊まっていますが、行ってない温泉も攻めてみます。

『乃木温泉なごみ』

五稜郭からもほど近い、函館競馬場からは
めちゃ近いこのあたりに温泉があります。

見た目普通な感じのスーパー銭湯ですが
中身はバリバリの温泉です。

浴室は外見にするとやや小さく見える。
中型浴槽が四つ、温泉、高温泉、変わり湯
普通の感じです。綺麗なスパ銭。
お湯は少し黄土色に濁ったような感じで、
まるで七重浜と谷地頭が混ざったような色。

味わうと、いわゆる塩とカルシウムの味。
函館っぽいミネラル多いお湯。
当然目いっぱい掛け流し。浴槽のフチから
ザバザバ豪快にオーバーフローしとります。

露天風呂はと言うと、これはうってかわって
内風呂よりもかなり広い。
大きな熱い岩風呂と、更に大きなぬるめの大きな浴槽。

露天風呂はと言うと、なんと
お湯の色が透明です。銀白色のお湯。
湯の川温泉のお湯と見た目は全く変わらない。
なんででしょう?

源泉は特に二本あるように書いてないので、
これは多分、空気に触れる時間によって
色味が変化する温泉なのでしょう。

露天風呂の方ももちろん全て掛け流し。
オール温泉、かつ歩行湯があり、
歩行湯の方も掛け流しというのがまた素晴らしい。

さすがは函館。
お湯の使い方に妥協が全くない。

素晴らしい施設だと思いますが、
ちょっと気になったのは、館内にずっと流れてる
オルゴールの曲と、露天風呂のテレビ。
そして広々としてるけど殺風景な空間。
なんだかもったいない気もします。
しんみりと、暗い雰囲気の中で、
静かに極上のお湯を味わえる空間があれば
嬉しいのだけど…。

まぁ、旅行で使うような温泉ではないから…
これでもいいのかな?

普段使いしたくなる温泉としては、もちろん
最上級のものです。つくづく函館民が羨ましい。

| 温泉 | 19:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |