携帯ホームページ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

門司とへものゲーム三本道004

【004.RPGは成長していない】

てれれれってってってー♪

@へも
「あっ。レベルが上がった」

とことこ

@へも
「総長ー。総長総長ー。わたしレベル上がったんですけどー」

@へも
「あれ? いつもならここで、Youtubeにアップしたホモ動画に自分で
コメントつける作業してるのに……どこいったんだろ」

@へも
「総長~。総長どこですかー?」

@門司
「うわああああああああ
あああああああああああ
あああああああああああ!!」


@へも
「わっ、どうしたんですかペンギンが白クマを背負い投げした
みたいな叫び声を上げて。てかなんでトイレで寝てるんですか」

@門司
「……はぁ、はぁ……」

@へも
「大丈夫ですか? 汗だくでドロドロで雑菌まみれですけど」

@門司
「嫌な夢を見た……」

@へも
「夢……ですか?」

@門司
「ああ……」

@へも
「どんな」

@門司
「3DSでラブプラスが発売されるのに、
立体おっぱいコントローラー
同梱されていない、そういう夢を見た」

@へも
「夢って眠る10分前の思考が反映されるらしいですね。
軽蔑します

@門司
「3dsの立体視機能を存分に活用するためには、立体コントローラーは
絶対必須のアイテムだと信じていたのに、コナミは次の世代へ踏み出して
いく若者達の夢を、なぜゲームに投影しようとしないのか!」

@へも
「次の世界って言うかアストラル旅行に踏み出してるじゃないですか」

@門司
「俺ももう若くない」

@へも
「……今さら何を?」

@門司
「少なくとも、俺の愛したゲーム業界には先進的未来を紡いで、後の素晴らしい
ゲームの礎となっていくべく邁進していただきたいと思うんだ」

@へも
「はぁ」

@門司
「それがなんだ!!」

@へも
「はぁ……」

@門司
「プレイヤーが3Dであればそれだけで満足するなんて思ってんのか!
3Dである以上、さわり心地、弾力、匂い、味へのこだわりを追求してこそ
ゲームの進化系! ヴァーチャルリアリティ!」

@へも
「……味?」

@門司
「それがなんだ! 俺は3DSに追加コントローラーがあるときいて
きたでーついにきたでープルルーンポヨヨーンシリコンコントローラー!!
まさかコナミじゃなく任天堂公式で出るなんて!!
その名も『拡張スライドパッド』! 値段はなんと1500円!
マジでねぇマジで1500円で新世界への扉がギコバコ全開で
舌は? やっぱ舌は入れられるんでしょなんたて拡張でスライドだもん
拡張っておまwwwあの花のヒロインかよwwって思ったんだよテメー
それが一体どういうことなんだよ!!!!

@へも
「何がですか」

@門司
「モンハン用の追加パッドじゃねぇか!
いらねーよこんなもん!」

@へも
「ま。総長なんですかその言い種は。総長いつも言ってたじゃない
ですか。『いらない周辺機器なんてない』って」

@門司
「言ってねーよ!! どう頑張ってもシュウォッチは擁護できねーよ!」

@へも
「あれ再版されて1万台売れたらしいですよ」

@門司
何で1万台も売れるんだよ!
最近のゲームに連射必要ないだろ!
1万人が糞硬い敵しか出ないイメージファイトでもやんのかよ! 」

@へも
「それはともかく、追加ジョイスティックぐらいでおおげさに
わめいてたんですか」

@門司
「任天堂はエロを全然わかってない」

@へも
「今更何言ってんですか」

@門司
「例えば○ーチ姫だって今頃ル○ージのマンションで背徳の情事に
浸りながら、
「今度事故に見せかけてお兄さんをPOWブロックで……」
とか密談していてもおかしくない所、まるでそんな様子はない」

@へも
「山村美紗サスペンスじゃあるまいし」

@門司
「とにかく任天堂にはそういう何て言うか、大人を刺激する周辺機器
作りを進めていって欲しいものだと、願うばかりであるキリッ

@へも
「ごく一部に生息する辛うじて人間の姿をしただけの変態のためだけに
高いお金を掛けて変態コントローラーを開発するコンセンサスは
企業としてあり得ないと思います」

@門司
「え?」

@へも
「……?」

@門司
「そもそも3DSってそっち方面の用途のために産み出されたわけじゃ
ないのか?」

@へも
「脳をぎょう虫検査してみたほうがいいんじゃないですか」

@門司
「でも『閃乱カグラ』はすげぇぞ。もうプルポヨどたぷんで」

@へも
「あれ株価下がってて慌てた任天堂が、開発元の名前を調べるの忘れてて
ノーチェックで発売しちゃったんですよ」

@門司
「いやそれは嘘だろういくらなんでも。それにしてもタムソフトはついてる
なぁ。なぜか潰れずに生き残ってるし。技術もあるけど、運がいいんだ
ろうな。この大ゲーム不況の中で……いやはや見事(なおっぱい)だ」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


@へも
「あ、ところで総長。あの」

@門司
「どうかしたのか」

@へも
「わたし、さっきレベル上がりました」

@門司
「……は?」

@へも
「いえ、ですからさっき、レベルが上がりましたって」

@門司
「……脳をぎょう虫検査してもらったらどうだ?」

@へも
「そんなひどい……。せっかくレベル上がったのに……」

@門司
「いや、本気でわからないんだけど、何なのそれ。レベルが上がるって」

@へも
「え、わたし今日でレベル21になったみたいですよ。総長わたしに
レベルアップ機能付けてくれたんですよね?」

@門司
「ねぇよそんな設定」

@へも
「……え?」

@門司
「え?」

@へも
「いやだって、さっきほら、なんかわかりやすい音楽で」

@門司
「じゃあちょっと、あそこで『大江戸ファイト』プレイしてるアクアに
聞いてみよう。おーいアクア。ちょっと来てくれ」

@アクア
「何だ。今カッパを殺す作業で忙しいんだが?」

@門司
「へもが精神を病んでしまったらしくて、レベルが上がったと妄言を
吐いているんだがどう思う?」

@アクア
「中二病ワロタwww邪鬼眼出せよ邪鬼眼www」

@門司
「だそうだ。中二病アピールはvipだけにしとけよ。そうだ今度
『鉄の死霊術師」っていうアニメ見せてやるよ。面白いぞ」

@へも
「いりません。だから、中二病じゃなくて本当にレベル上がったん
ですってば」

@門司
「じゃあ何か能力値とか上がったのか」

@へも
「ちからが1ポイント、すばやさが1ポイント上がりました」

@門司
「ほう」

@へも
「たいりょくが1ポイント下がりました」

@門司
「それは運動不足だろ」

@へも
「バストが1センチ増えました」

@門司
「おお」

@へも
「ウエストが2センチ増えました」

@門司
「太っただけじゃねーか」

@へも
「めざましテレビの放送終了寸前の
伊藤のくだらないダジャレに笑わない
呪文を覚えました」

@門司
「普通笑わないだろ。てかなんだそのいらない機能。RPGかよ」

@へも
「独自の進化を遂げた……」

@門司
「進化できんのか。ガラパゴスってやつか。そういやいわゆる国産RPGも
ガラパゴスだな。」

@へも
「あ、なんか前置き長かったけどRPGっぽい話するんですか?」

@門司
「RPGは死んだ」

@へも
「へっ!?」

@門司
「RPGってのは二つの意味があって、いわゆる『他の誰かになりかわるゲーム』
と『育成成長型のゲーム』という二つの種類に分けられる。
ゲームがなんでもRPGであるってのはだいぶ昔にも言ったけど、
それは非常に広義な呼称で、『梅干しとうんこはどちらも食物です』
と言うぐらい適当ではない」

@へも
「適当じゃないですね。っていうか食物?

@門司
「で、育成成長ゲームとしての側面のRPGは死んだ。それはなぜか」

@へも
「なぜ?」

@門司
「普通に育成成長させるゲーム自体にマシンスペックを必要としないから」

@へも
「……は?」

@門司
「うーん。もっと言えば、RPGにマシンスペックを必要としないのに、マシン
スペックを利用したゲームを作るという強迫観念に駆られ、その結果RPGじゃ
ないものを製作してしまう。誰もがRPGにマシンスペックは不要だと
わかっているから、ゲーム容量のうち80%以上がムービーデータになる」

@へも
「あれはファイナルなファンタジーであって、RPGではないんですよ」

@門司
「うちのバカな母親が、海外の通販番組に洗脳されてミキサーを買ったんだが
20種類ぐらいアタッチメントがあって、
もはやどう組み合わせるのかもわからず
そもそもミキサーにそんなにバリエーションがあってもしょせん
みじん切りか もっとみじん切りか、かなりのみじん切りか、鬼みじん切りか
しかないのに使うわけもない。本当に使わなかったし。1万もしたらしいが、
日本メーカーの壊れにくいミキサーはシンプルで普通に3千円で買える」

@へも
みじん切らない、というバリエーションが……」

@門司
「下手くそな人が切ったキュウリみたいに繋がってるのか?
まぁミキサーの話はいいとしても、個人的には良くはないけど、
もともとシンプルで完成されたものを、どんなに発展させようとしても
付け足せば付け足すほどRPGという素材の味が薄まってゆく。
見てくれが派手なだけの料理みたいなもんだ。値段は高い。
でも、値段が高いってことは重要になっているんだ」

@へも
「……値段が高いことが?」

@門司
「人は商品には当然、対価に見合った品質を求める。しかし品質ってのは
時代によって徐々に上がっていく。しかし、それによって価値も上がるわけ
ではない。なぜなら、その物の価値ではなく価値の基準が上がるからだ。
つまり今までと同じものを作っても対価を取れなくなっていく。そこで、
普通に普及した枯れた技術に、尾ひれをつけて価値を高めようとするんだ。
RPGという概念自体、40年前から何一つ変わっていないのに」

@へも
「それってRPGに限らないんじゃ」

@門司
「そうそう全くその通り。RPGに限らない。
そしてゲームは特にひどい。過去の天才が、制限の厳しいハードで
素晴らしいゲームを作ってたのに、それより遥かに面白くないゲームを
最新のハードで、その時の値段より高く売らないといけないんだから」

@へも
「でもそう言うなら、美術とか音楽とか昔からあるものは全部そうじゃ
ないですか?」

@門司
「そうだよ。でも美術には昔からハード的制限がない。音楽も。
だから自由な発展を遂げたし、今も昔も条件は殆ど変わらない。
そういや一昔にダイソンのエアマルチプライヤーが流行ったじゃないか」

@へも
「あーあの羽がない輪っかですか。あれこけしみたいですよね」

@門司
「あれだって完全に枯れた技術である扇風機から、50年経ってようやく
進歩したんだ。停滞に入ったらよほどの事でもない限り、変わりや
しない」

@へも
「扇風機から羽を取ることが進歩なら、ゲームの進歩ってなんなんです?」

@門司
「遊ばなくなることじゃないか?」

@へも
「遊戯じゃなくなるんですか!?」

@門司
「てか、楽しさを感覚に伝えるツールになるとか。遊ぶことって、楽しさを
得るための行為じゃん。じゃあ、遊ばなくても楽しいってのが次の世界なの
かなぁって思うんだけどな」

@へも
「ええっとあれですかね。なんかトータルリコールみたいなの」

@門司
「惜しいな。コブラみたいなのだ

@へも
「同じじゃないですか。ん、でもそれって映画っぽい感じで、なんか昔
あったような気がします」

@門司
「タイムギャル?」

@へも
「え、逆になんですかそれ?」

@門司
「おっそろしくシビアなタイミング入力のレーザーディスクゲームで
アニメに合わせてボタンを入力することで先に進めるゲーム。
1985年頃はかなり人気があった。ゲームがムービー側に踏み出した
瞬間だったな」

@へも
「へー」

@門司
「ああ、そういえば『あの赤い車を追え』とか。関西精機の」

@へも
「???」

@門司
「田舎の温泉に遠い昔置いてあって、一回プレイしたんだけど
なんつうか、リアルすぎて微妙に不気味の谷な感じ。
ドライブゲームなんだが、普通の映画みたいな画面になってて、
要するに全部のデータが実写なの。で、前方の車を追いかけて
走るだけのゲームなんだけど、うろ覚えながら、ぶつかったら
なんか怖いムービーがおどろおどろしく流れて超怖かった
幼少の記憶が」

@へも
「全部実写って……昔のゲームは先進的でしたね」

@門司
「『ポリゴナイザー』なんかがあるからトゥームレイダーの人
みたいな化物は生まれるし、ゲームが手抜きになるしもう散々だよ」

@へも
cd9b6b8e[1]


@門司
「こんな美人がララクロフトなわけねーだろ!! ララはこれだよ!」
c73845c9[1]

@へも
「誉めてるのかけなしてるのかどっちなんですか!!」

@門司
「褒めてるだろ!!」

@へも
「そんな感性だから職場でもプライベートでも
残念な人って思われてるんじゃないんですか? 全く総長は
いつまで経っても子供のままで成長しないんだから……」

@門司
「つまり、現在のRPGもだな」

@へも
「そんな無理矢理オチに結びつけなくても」

@門司
「あー、FF3みたいなRPGがやりたいなー!!
いっそタイの水害で半導体工場とかが全滅して、最新ハードの
スペックが全部メガドライブにならないかなー」

@へも
「関係者の方々ー
この人を土嚢代わりにして結構ですよー」



【004.RPGは成長していない END】
スポンサーサイト

| 新ブログゲームコラム | 17:13 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT