携帯ホームページ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

車の調子が悪いので

車の調子が悪い。
うちの車は平成4年車と割と古いスターレットだ。古いが
割と調子もよかった。が、最近調子がおかしい。

まぁこのスターレット

『スピーカーの片方が誰かにこっそり取られている』
『標準装備のはずのシガーライターが灰皿ユニットごと取られている』
『車載ジャッキがない(ジャッキロッドはある)』
『新車登録から19年目にして走行距離25000キロ(嘘臭ぇw)』

色々すごい車である。

スピーカーもシガーライターも解体屋からゲットしたので
いいんだが。

とにかく、

アイドリングが異常に高いし、エンジンのかかりも悪い。
これはEFIの各センサーのどれかが故障しているに
違いないと踏んだ

O2センサーかエアフロメーターか。どっちにしろ
金額的にも痛いし、工賃もそれなりに出るだろう。

一番悪い線ではインジェクション自体の不良という
話もありうる。

そこで、会社の同僚の同級生がサービススタッフを
やっているトヨタの販売店へ行ってみることに。

「どうもー。で、エンジンのかかりが悪いんでしたっけ」
「そうなんですよーあとアイドルも妙に高くてーセンサー類が
古くてダメになってるのかなーと思うんですけど」
「そうですねー。ちょっと見てみますよ」
「お願いします」

30分後……

車の鍵を持って神妙な面持ちで戻ってきたサービスマン。
直すのには結構な時間とお金が……


と、言われると思った。

思った?

そうでもないって言われると思った?


さあここで問題です。

サービスマンから告げられた言葉に、もりあきは衝撃を受け
割と本気であわてふためきます。


その言葉とは一体なんでしょう??


(ヒント もりあきがこのエントリの最初の方に
書いている想定は180度間違っています)





はい。



皆さん回答出揃いましたでしょうか。







サービスマンの口から出てきた衝撃の言葉とは












「これ、キャブ車ですから」






キャブ車!?


キャブ車っつった今!?
もりあき「こ、これEFIじゃないの!?」

サービス「キャブですねーインジェクションじゃないっすよ」
もりあき「た、確かにEP85はインジェクションモデルが後で発売
されたってことは知ってたけど……まさかキャブ車だなんて」
サービス「キャブ自体の動きが悪くなってたんでキャブレタークリーナー
吹いて調整しときました。ただ僕もキャブ車はあまり経験が……」

このご時世にキャブの調整方法なんか殆ど役に
立たないもんな……

まぁ、驚きましたがこれは実は朗報。
EFIは基本、日曜整備で手を出せる代物じゃないですが
キャブは機械なので、ある程度調整が可能。
(その代わり狂いやすく、性能も安定しないが)
これも多分電子制御キャブなんで、センサー類の不調は
いまだに考えられるけど、

まぁ、今後役に立つ情報で良かった。
しかし、今時電子制御とはいえ、キャブか……。
スポンサーサイト

| 未分類 | 14:22 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

キャブレターフロムカナダ




…こんな駄洒落もダブルで意味不明になるんだろうな…

| | 2011/11/22 00:52 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT