携帯ホームページ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

カップヌードルごはん


パッケージが開いて皿になるって知ったのは食べた後

先日OFF会をやったときに
「最近ブログが料理ブログと化している」
という指摘を受けた。

いや。

全くもってその通りで、否定の余地など微塵もない。

しかし。
しかしだ。

俺がルールブックだ!!

さて、今日は普通に会社に出社して
いつも通りの昼飯なのですが、なんというか
なんとなく安売りしてたので、
カップヌードルごはん、買ってみました。

基本的に作り方を見て、その通りに作りました。
最初仕上げ油と、出来上がったらかき混ぜるという
事を知らなくて、変なリゾットみたいとか思いましたが。

ちゃんとかき混ぜて食べてみる。



パラッパラになった。
ごはんの食感がスゴいね。なんというか、モチモチというか
堅い。堅め炊き。チャーハンのような感じだが、
炊き込みご飯のようでもある。しかし、米の食感は強いので
炊き込みごはんのようなマッタリ感はない。
すごく不思議。
食感はピラフかチャーハン、味は炊き込みご飯。

美味しいですよ。インスタントとは思えない。
時代の進化を感じる。
量も、これと別に何かちょっと、例えばおにぎり一個
あれば十分でしょう。食べる人でもカップ麺一個で。

ただ、辛すぎると思う。少ししょっぱいとも思うし。
コショウを効かせる方向性なのはわかるけど、辛い。
食べるときには粉を少なくした方がいいかもしれない。

今度はシーフードを食べてみたい。
スポンサーサイト

| 外食とか料理とか食関係 | 12:52 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT