携帯ホームページ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ソーシャルゲーム死亡のお知らせ

ゴールドラッシュさんのサイト

コンプガチャで無茶苦茶やったもんだから
ついにソーシャルゲーム業界を締め付けに来た模様。

本末転倒。全く、心からざまぁみろと思う。
絵やアイテムを揃えるのに何万円も課金させて、
それで『ユーザーが揃えたがるんだから自分らは悪くない』では
通るまい。

グリーやモバゲーなんて根本的にゲーム業界の中でも
犬畜生にも劣るぐらい品性のない売り方をしていたんで正直
倒産しようが何しようがほんとに全くどうでもいいんだが、
指さして笑ってやりたいのはコナミ。

この前のオフ会の時もちょっとだけ話したけども、
コナミはゲームに対する情熱や真剣さを忘れ去り、近年では
駄作、バグゲーを連発。
ユーザーを集金システムの一部ぐらいにしか考えない、
低品質で悪質なソーシャルゲームや、
オリジナリティのかけらもない、くだらない音ゲーを出したり
それはもう目も当てられないぐらいにひどい会社に成り下がった。

少なくとも昔のコナミはまぁ、あれとかこれとかそれとか
色々あったけど、そもそもそういうのは自分自らコンテンツリーダーとして
進んでいっているから起こることであって、確かに過去のコナミは
業界をリードする気風も実力も(精神と法務部はさておき)持っていたわけだが

それが絵師に媚び、ゲーム性のカケラもないソーシャルゲームで
金がジャブジャブ入ってくるもんだから、一般ゲームを手抜きして、
以前は同人作品を批判していたくせに、今は同人作家の作った音楽を
自己の筐体で流してインカム回させて(誰も回してないという噂だけど)

要するにバブルシステムの繊細な音を奏でたコナミも、
悪魔城ドラキュラでゲームサウンドの可能性を広げたコナミも
ロムカセットにVRC VI乗っけて次世代機よりいい音出してたコナミも、
斬新なメタルギアのシステムを確立したコナミも
収録曲全てが名曲だったビートマニア初代を出したコナミも
ゼクセク・・・ああ、まぁそれはいいけど、

他の部門を切り捨てまくり、ユーザーも切り捨てて、
殆ど全力でソーシャル集金システムに注力していたコナミが
一体この先どうなってしまうのか。
そもそも日本のゲーム業界自体が危うい状況である中、
コナミ倒産なんて話になったらどうなることか。
セガサミーがいるぜって言いたいところだが、実はセガサミーも
ソーシャルやってるし。

結局まともなゲーム会社は任天堂しかいないわけだな。
岩田さんや宮本さんがこんな馬鹿なものに手出す性格してないしな。
とかいいつつDLCなんかもやっちゃってるけどまぁこんなもんは
ガチャの悪質さに比べたらなぁ。
『会見 うちはガチャはやらない』

(前略)
「・・・あくまであくまでお客様に提供するクリエイティブなコンテンツを
制作したことに対する対価として、お客様にお金を支払って
いただけるようにする」
すなわち「構造的に射幸心を煽り、高額課金を誘発するガチャ課金型の
ビジネスは、仮に一時的に高い収益性が得られたとしても、
お客様との関係が長続きするとは考えていないので、今後とも
行うつもりはまったくない」ということです。
(略)

拍手拍手。
その通り。全く、その通りなんですよ。
ゲームメーカーは、ユーザーが支払う対価に見合う創作物を作ることで
利益を得る。そしてそれが、利益以上に、
ゲームとしての歴史を作っていくという事。
未来のゲーム、未来の子供へと創作イメージを繋いでいくという
事になるわけです。
例えば子供の頃ゼルダを遊んだ人が、大人になってゼルダよりもっと
面白いゲームを作ってくれれば、少なくとも開発者は嬉しいでしょう。
僕の立場なら嬉しいです。

人は誰しも必ず何かに影響されるもので、
その影響が別な世界の夢を創りだしたのなら、それは創作者として
究極の喜びではないでしょうか。自分の夢が引き継がれていくような、
本能的な歓喜を覚えるのではないでしょうか。

たかが3、40年そこそこしかないコンピューターゲームの今日の発展は、
多大なる過去の偉人の犠牲と知恵と勇気によって成り立っているわけで、
ユーザーを搾り尽くす夢も希望もない行為によって、
それが破壊されることはとても我慢ならないわけですよ。
ゲームが好きなユーザーとして。
スポンサーサイト

| 閑話休題 | 11:10 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT