携帯ホームページ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

WBCに不参加

選手会が不参加を決定したというニュース。
これはもう全国的に衝撃が走りましたな。

色々と難しい問題で、これに関して何かコメントするというのも
悩ましいところです。
それは事の本質に感情論が渦巻いているからであって
真相がよくわかっておらず、誰もがイメージで物を語っている
状況であるということです。

個人的な考えで言うならば、参加はしてもらいたい。

だが、実際のところ、WBCで発生した20億円といわれる金を
どこにどうやって還元しているのか、それについての運営の
発表は、公式発表もなくあまり納得出来ないもの。
というより、配分率はMLB66%、NPB13%と不平等だと言われるも
この数字の根拠がよくわからない。内訳も不明。

だいたい、MLBが中心となってやる大会ってのは国際大会と
言えるのかという疑問はある。
野球はアメリカで生まれたからといって、全部が全部アメリカで
やり続ければいいというものではない。
もっと言ってしまえば、野球という競技を本当に世界に広めて
全世界に野球の輪を広げていこうという気持ちがあるのならば、
アメリカ国内で開催することに固執することはむしろ真反対だ。

もっとミもフタもない言い方をしよう。

日本で開催していたら間違いなく利益は倍は出ていた。

別に根拠はないが。かなり自信がある。

NCAAのバスケット選手権がある3月に野球やったって、アメリカでは
客は入らない。しかし日本では間違いなく、連日満員だろう。
日本の試合に限らず、殆どの試合で多数の集客が見込まれ、なおかつ
チケット代はかなり高くても平気で売れる。
決勝のチケットなど即座に完売するだろう。

アメリカでやったところで、肝心のアメリカ人が野球に関心がなく、
なおかつ、アメリカ人が決勝に出てこなければ誰も見ないではないか。

放映権料の話もある。
WBCの日本の試合の放映権は天井知らずになるだろう。
なにしろ視聴率60%近いのだから。
日本でやることになれば国内企業も一斉に広告に乗り出すだろう。
その経済価値は計り知れず。
そして日本のスポーツ振興、貢献の度合いでは、アメリカなど
全くお話にならないほど行なってきている。
国内以外のことに全く興味が無い国とは違い、日本はとにかく
自分の好きなものはほかに広めたがる。そういう性格である。

これが他の国、例えば台湾なり、中国なり、イタリアなり、メキシコなりで
行われるとしても同類である。
WBCが行われる国としてふさわしいだけの設備と能力を備えるということで
日本もアメリカも協力すれば、対象国の野球の意識は大いに向上するだろう。

つまりは、だ。

WBCの参加討議を、日本とアメリカで行なっているような現状が
そもそもおかしいと言わざるをえない。

日本は世界に野球を広めたい。
アメリカも同じだけど、国内選手会との折り合い等障害が厳しい。
WBCの運営基盤自体に考えの齟齬があるのだから、うまくいくわけがない。

例えばだが、この大会が第一回から、売上の大半が野球後進国への
技術伝播とかスタジアム建設とかの費用に割り振られ、日本とアメリカは
『世界の野球伝導国』としての責任を負い、選手の遠征費用等はすべて
国内スポンサー企業とNPBから出し、一種のボランティア参加とする。
野球後進国、新興国へは手厚く資金を出す。
そういうシステムであったとしたら、日本は多分文句は言わない。
日本に『寄付に文句を言う』国民性は無い。あっても叩かれる。
WBC運営委員会が、利益をそのまま寄付・支援等でなく、
一旦ポケットに入れてメジャー等に分配してるから『おかしい』って
話になるのである。

まるで、スーパーで買物をした金を店員がポケットに入れて、
あとからレジに入れる動作をしているようなものだ。

そういうのを失礼だとは蚊ほども思っていないMLBと、
やっぱりアメリカ人の思考がそう思わせてしまうのだろう。

日本が参加しなければ金銭的にWBCは成立しないだろうが、
現段階で交渉的に不参加と言っていても、多分、参加することになる。

思うに。

これは選手会とNPBが組んだ芝居ではないか。

そういう疑念を感じずにいられない。

NPBはWBC事務局との交渉に際し、とっておきの手段として
選手会が参加を拒否しているから、というカードを切ることが
できるようになる。

選手会を説得するという時間稼ぎでもあり、選手会を納得させるだけの
交渉材料をWBC事務局に要求する根拠にもなる。
日本の参加がなければWBCは成立しない。
仮に参加があっても、プロの選手が参加しなければやはり成立しない。

WBC事務局は選手会の発表はWBC事務局とは関係ないから
NPBが説得してくれと言っているが

関係ありまくりである

NPBには説得する義務があるかもしれないが、
説得に応じなくても別にペナルティになることはなにもないのだ。
(スポンサーに怒られるだろうが)

WBC事務局がそれをわかっていないはずもない。
明らかに困ってテンパッてると思われる。

まだまだ、揺さぶりをかけたほうがいい。

ずっとリードされてきたが、ようやく同点に追いつくランナーが
出たところなのだから。
スポンサーサイト

| 閑話休題 | 13:45 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT