携帯ホームページ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2012年秋季アニメ

2012年秋アニメ

いやー夏はソードアート・オンラインと織田信奈の野望が
良かったですね。

なんかソードアート・オンラインは

後半になったらイチャイチャアートオンライン
なって
本編は延々とアスナとキリトがアーン♥♥な感じで
それは壁殴り代行業者も1年分の仕事がこの時期にやってきたような
凄い忙しさだったようですが
これからはどうなるのでしょうか。

織田信奈は本当に作画が良かったですね。
ストーリーが薄めでキャラクターが濃い目だったのが、結果的に
バランスにつながっていて、軽い気持ちで見て楽しめる良作でした。

では秋アニメも行ってみましょう。


視聴します
<BTOOOM!>
面白いかもしれない。
すごく消極的な評価で恐縮ですが、2話の時点で全然話が進んでなくて
リアリティがあるんだかないんだかよくわからない感じの
オンラインボンバーマンです。という感じに受け取れる。
少なくともソードアート・オンラインよりは設定がマトモに感じるが
あれはあれで「設定崩壊しているから面白い」という面もあるわけで(?)
このアニメのように、しっかりとした背景ストーリーを描いていった時、
いつかどこかで、幻滅してしまうような瞬間が来てしまうのではないかと
危惧するものではあります。

<中二病でも恋がしたい!>
悩んだんですが見ることにしました。
1話目見た時は、なんだかこのアニメ何が言いたいのか、何がしたいのか
全然わかんないんだけど困ったどうしようと思ってましたが、
2話目見てようやくわかりました。
要するに何の特殊能力もなく、事件も起きない
涼宮ハルヒみたいな感じのらき☆すたなのではないか、と。
一歩引いて、何の感情も思考も先入観も持たず、
仏陀のような穏やかな気持ちで、
いや偉大なるエルカンターレ大川隆法総裁
鳩山由紀夫の守護霊降臨させて喋ってるのを
見てるような感覚でこのアニメを視聴すると
とても面白くなってくるような気が徐々にしてきました。
いや誤解しないでいただきたいのは、
敬愛する大川隆法総裁のコメディアンとしてのセンスに比べれば
このアニメはまだまだです。
いやほんとエルカンターレはすごいです。
今度は誰を降臨させてみんなを笑わせてくれるのでしょうか。
話が脱線しすぎて申し訳ありません。

あ、OPとEDはLiteのほうがいいです。本編のOPは何の冗談なんですかあれ。
見難くって見難くって。

<ソードアート・オンライン(二期)>

ヒロイン交代しました。

あらすじ(ネタバレ注意!!)

キリットさんがネット内でイチャラブしてる間に
巨乳の妹が母親から
キリットとは親が違うから実は従姉妹なんだと聞き、
巨乳の妹が本気を出してキリットさんを
アスナとかいうクソアマビッチからNTRことを決意
妹だけど従姉妹だから結婚できるもん! って感じで
燃え上がる恋の炎。
実は金持ちの息女だったビッチに許嫁がいた事が発覚し
チャンス到来と一転攻勢に出る。
落ち込むキリットさんの心のスキマをお埋めしますって感じで
ドーーーーーーン!! ってベッドに押し倒し
巨乳の胸元をはだけさせ朝チュン
アスナざまぁwwwwwwwwww
ざっっまあああああああああああああああああwwwwww
うぇえぇぇっっっぇぇぇえうえぇっぇwwwwwwwwwwwwww

子安と仲良く我が世の春でも謳歌してなさい。



以上、だいたいこういうあらすじです。

文句なしに視聴決定です


どうでもいいんですが、
子安が「アスナがそんなに好きかあああああああああ!!」とか言ったら
神アニメとして認定したいと思います。


今季はあまり視聴数多くありません。
なんか今ひとつって感じです。
ToLOVEるダークネスはかなり期待してたんだけど
作画はまだしも真っ白なのにダークネスとはこれいかに。




(10/23追記)
<さくら荘のペットな彼女>

3話目まで見て先の展開に期待できましたので
追加視聴することにしました。
スポンサーサイト

| 閑話休題 | 16:48 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT