上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちなみに『なるこおんせん』ではなく
『なる ご おんせん』です。

てっきり箱根登山鉄道みたいな凄まじい山線を
どんぶらこーと走っていくんだとばっかり思っていたら
全然違います。鉄道脇の風景は、平地の田園の風景で
普通です。

山あいにありますけど、全然険しくなく。
むしろこんなに平地っぽいのに火山性温泉が湧くのかーと
新たな発見でした。
長い間侵食されてなだらかになったのでしょうか。


さぁ温泉です!! 時間も限られてますんで一気にいきますよ


駅前にも足湯


遠くにも湯煙


かなりの高温湯なので冷ましてますね


湯巡りチケット買いました。1200円。4件ぐらい回れそう


こけし売ってるこけし


いやぁ良い町並み


1件目は共同浴場 滝之湯にします

ここは150円で入れるのでせっかく買いましたが
シールは使いません。
……いや他で使うから良いもん。


中は結構広くて、10人ぐらいは余裕で入れます。
木で組んだ浴槽に、高い位置からどっばどっばと
豪快にお湯が注がれています。なるほど滝之湯ですか。

成分分析表が見当たらないのですがお湯は悩むまでもなく
硫黄泉。鉄分もたぶん含んでて、白濁は薄いですが
なんとも幻想的な、わずかにブルーが入った感じです。
めっちゃくちゃきれいです。

お湯は本当に、まさに名湯という感じで
あついんですが湯触りがやさしくなめらかで、気持ち良い!
熱いのに出たくない!
お風呂はいたるところが窓で、実質外気浴です。
気持ち良いー!!

けど急いでるので30分ほどで出ます。
色々回らないといけないし。

さて次は……というところでちょっと待って。


餅処 深瀬

栗団子の名店と呼ばれるこの、深瀬さんで
栗団子の予約をしておきます。

15分後に出来上がるとのこと。
じゃあ30分後に来ますと言っておいた。

よくわからないが、ここを紹介した人によると
予約と時間指定は必須らしい。

さて、その空いた時間で何を……

……

あ、そういえばさっき


温泉卵工房

こんなん見つけたんですよ。高温の源泉で
温泉卵が作れるっていうの。

いいっすね。やりましょう是非。

でも、付近にそもそも生卵売ってる店が見つからなくて
聞いてみて、ようやく『おじまや』っていうスーパーに
売ってるって情報を入手しました。

1個25円。観光地にしては安いと思う。
しかし食べる用カップが2個組で50円。

卵より高いのか……。

私 「これ、買わなきゃダメですか?」
店員「全然固まらないんで、必要だと思いますよ」
私 「何分入れれば良いんですか?」
店員「20分ぐらいですね」

まぁまぁ、お団子の出来上がりと時間合いそう。

というわけでワンセット購入します。卵二個と。


やってみます

理科の実験みたいですね。

その間に、今卵茹でてる源泉の脇に、そのお湯の足湯があるので
足でも入れておきましょって熱っ!!

卵の方は源泉直なんで熱くて当然だけど
こっちの

下地地獄湯足湯

この足湯あっつい!!
汗をだらだら流しながら、温泉卵の出来上がりを待つのでした。

つづく。






======================
追記

後で思いましたけど、町で生卵売って利益にしたらどうです?

あと、ゆでる個数の制限なんかするぐらいなら、
マジックでも据え置いて、名前とか書けるようにしておくとか
もっとたくさん入れられるように棒とフック渡しておいて
卵はひもつき網入りの状態で売ったらどうですか?
今、なんか鉄かごとちょっと汚いネットが二個ぐらいあるだけですけど
食い物扱うのに、それに触れるものを野ざらしはひどくないですか。
あと管理してる風な人が全然いないようにも見えましたが。
本当にヤル気あります?
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。