携帯ホームページ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

鳴子温泉 温泉卵&餅処 深瀬


たぶんできたと思う

温泉で温泉卵作るなんて、硫黄山以来じゃないかな。
もう15年も前の話だ。


2人前できちゃいましたけど、もちろんどっちも俺が食う


おおおー

こりゃ本当に温泉卵だなー
源泉温度が75℃ぐらいってのはわざとだろうな。
ここの源泉は95℃あったはずだから。

いただきます。

おう。

普通にうまいです。
濃厚な温泉卵。黄身は固めの半熟で、白身は完全に
トロトロ。濃厚で、確かにこのダシ醤油は合う。

さて、昼食も取ったし(?)デザートはもう出来てるかな。

『餅処 深瀬』へと向かいます。温泉卵製造所から徒歩数分です。



栗団子 350円


おおおおー


こういうものだったのか!!
こりゃ確かに時間の予約は必要だわ。

醤油団子にかけるようなタレの中に、団子が2個
入っている。暖かく、まさに作りたてだ。

篠突く雨が煙る午後(喰霊)
雨音を聴きながら、暖かい作りたての団子を頬張る。

おー

まい

ゴッド!!


うめぇ!!!


きつくない、優しい甘さ。仄かな、と言っても良いぐらい
上品な味わい。栗団子って、栗を練り込んであるのかと
思ったら違う。
崩れ落ちそうなほど、箸で持てないほどに柔らかく、
プルップルの餅に包まれた、大振りの甘栗。
それが栗団子だった。

旨い。
一言で言ったらそれしかない。

餅の食感の柔らかさ、栗の甘さ、醤油だれの甘さと香ばしさ。
全てが絶妙の領域。

これは非常におすすめですね。
スポンサーサイト

| 未分類 | 17:42 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT