上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鳴子温泉の特徴というのは、
独自源泉が多いことだと思います。

実際には本当に独自か? 引き湯だろ? って感じる
とこもあるのですが、独自源泉がけっこう強いです。
それを売りにしているところもあります。


例えばこの、『東多賀の湯』です。

この温泉はすごい。

あまり名が売れてないのか、私一人で
入浴できたんですが、まぁそれで写真を撮ったんですけど
これ見てください。


この良い感じにひなびた浴槽
このまさに、教科書に載ってるような硫化水素泉の色
満点です。

別に温泉に点数つける習慣などありませんでしたが、
ここはもう満点で決定です。
ここに匹敵する硫黄泉は奥日光ぐらいのものです。

とろみがあるような優しい肌触りの、弱い酸性。
鼻腔いっぱいに感じる濃厚な鉄分とオイルの臭い.
強烈なぬるぬる感。本当にすばらしい。

あああー

もう言うことはないー

最高だーこれは最高の温泉だー
スポンサーサイト
温泉CM0. │ TOP▲
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。