上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラーメンは全然食べませんが、数多いラーメンファンの
方々のためにもたまにはラーメンを、と思い
入ってみることにします。

非常に並んでるんですよね。よほどおいしいのかな?
と気になったので。

狸小路4丁目『炎神』

炎の味噌ラーメンというのがおいしいらしいですが
塩ラーメンが好きなので注文は『潮の香りの塩ラーメン』

すごい店内。

なんかバーのようです。
椅子も背もたれが横に可動する不思議な椅子。
スツール、ひじかけにもなります。


塩ラーメン 750円

チャーシューが三枚。
三枚肉のロールですが、これはいわゆる『とろとろ』系
ではなく、しっかりとした肉感があり、おいしい。

海草が、岩海苔、天草、昆布を煮戻したようなやたらでかい物と、
入っています。潮の香りとは、こちらのことです。
スープは何の変哲もない豚ガラベースのやや濁った
スープで、コクはあり、今よくありがちなギッドギドの
しつこいラーメンではありません。面白いことに、このスープ、
少し冷めていた方が美味しいです。
もともと、スープはそれほど熱くはないです。

野菜はスライスした玉ねぎだけが入っています。
炒めたモヤシも欲しいですね。

味付けは、やや濃いと思いますが、薄味好きだから
この辺は標準的かもしれません。

麺は中太ちぢれ麺ですが、あまり特徴的な何かは
感じません。

全体としての印象として思うのですが、ラーメンの
蘊蓄的なものはとりあえずさておき、器の中に収まっている
そういうバランスとしては優れたものがあると思いますが
これのために例えば遠くから食べに来るだろうか? と
考えたとき、かなり難しいものがあると思います。

決して美味しくないわけではありません。
ただ、ご旅行に来た方の、札幌での貴重な一食を
担うには、あまりに印象に薄いだろうと思うのです。

スープと麺の一体感に関しては、特に異論もありません。
ただし、現状ではややスープが優勢かなと思います。

そのスープも、『潮の香りって具だけやん』と言われれば
その程度のもので、なんだか普通にラーメン作った方が
いいんじゃないの? と感じてしまいますが
この辺どうなんでしょうか?

きちんと完成した車に、いらないエアロパーツを付けたような
変な感覚を覚えます。

ここ、味噌ラーメンにはジャガイモのビシソワーズが
入るようです。が、
塩ラーメンの方も、冷えるとビシソワーズみたいなんですよね。
しかもそっちの方がおいしいんですよね。

うーん。
これ、冷麺風にして食べてみたくないですかね?
きっとおいしいと思いますよ。
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。