携帯ホームページ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

豊浦温泉しおさい

ささささささ
ささささささささ

寒い


こう寒くっちゃ仕事にならん!!
お、ちょうどいいところに温泉が
あるじゃないか。やむを得ん、行くしかないな!!

と小芝居を一通りやってみた上で、
参りました。『豊浦温泉しおさい』



船っぽい外観です。
ま、完全に海っぺりに建築されているので、一見本当に
船に見えます。
まぁこの辺は事前に調べてもありましたので驚くことは
ありませんでしたね。

……ん?

それはさておき、寒いんでさっさと入場しましょう。


広い上に豪華。

広く見えないかもしれませんが公共温泉としては
とんでもなく広い部類だと思います。
たっくさん貝が飾ってあったり豪華ですね。

しかしこの温泉、町営では一回経営に行き詰まって
観光会社にレンタルされたらしい。
正直、過ぎた設備じゃないかなぁ。飲食コーナー2つ、
大広間3つとかやり過ぎにも程がある気が。

ま、宿泊もあるらしいので。今もやってるのかな?


ニンジャアサルトがあるじゃないか!w

レアゲーってほどレアでもないけど
温泉にニンジャアサルト! なんという組み合わせ。
これめちゃくちゃ難しいんですよね。
こういう場所に置かれてるけど。w
英語を喋る忍者が正面突撃して、敵をバシバシ銃で撃つ
なかなかキマッてるゲームです。面白いですよ。

それはともかく温泉。

低張性アルカリ性ナトリウム・カルシウム硫酸塩泉
湧出温度47℃。一部掛け流し。
成分合計は3gぐらいと、軽い。
さいきんこういう軽いお湯が好き。

浴室、浴槽、ともに広い!!
広すぎ!!
浴槽なんか、一番大きいのが46平米もあるんだよ。
しかもほかにも中小2つ浴槽がある。
ちょっとした温泉旅館でもこんなに……ああここ
温泉旅館だったっけ。

温泉は。

なるほど肌触りが良くてすばらしい。内湯は循環と
書いてあるが全く塩素臭はない。じーんと染みてくるような、
けっこう張りのある感じのお湯で、すべすべはしない。

黄色がかった灰色、という感じに濁っていて、けっこう
濁りが濃い。特に臭いは感じないが、温泉らしい
かすかなヨード臭のようなものがある。
これで循環なら、掛け流しの露天風呂は期待できるな。

露天風呂も広い。浴槽が17平米もある。
楕円の浴槽からは、お湯が絶え間なく溢れている。これが
たまらない。廃湯口もあるが、縁からこぼれてるのが
いいんですよね。

ざばー

うおお鉄臭だ。
成分分析表を見たら鉄がけっこう入っていたから、
鉄臭あるのかと思ったら内湯では全然感じなかった。

露天風呂は凄い。プンプン漂う濃い鉄臭とかすかなゴム臭。
もうもうとまきあがる黄色と黒の湯の花。

くぅ~!!
たまらねぇ~!!

見上げれば、トレーシングペーパー越しに見るように霞む
冬の青空。時計の分針のように、ゆっくりと流れるすじ雲。

この露天風呂には屋根がない。

電線もなにも映らない。ぽっかりと開けた空の下、
すぐ目の前にある噴火湾から、聞こえてくる潮騒。

時が止まるようだ。

海の匂い。粉雪を撫でる氷点下の風。
突き抜ける極寒の蒼天の下で、
大地の温もりをただただ味わう。

いつまでもいつまでも、ゆったりと味わう……。


いやぁ
幸せでした。


で、

お湯は非の打ち所がありません。

しかし、あんないいロケーションにありながら、
お湯に浸かると海が見えない
なんでそんな設計にしたし……。

これが、露天風呂で海を眺められる絶好の景色だったなら、
このお湯ですからね。観光資源として人を呼べますよ。
半透過素材のフィルムガラスとか最近ありますし、
せめて男湯だけでも、海を一望できるように改造しては
くれませんか? そしたら僕、泊まりに来ますよ。
スポンサーサイト

| 未分類 | 20:48 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT