携帯ホームページ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

秘密

大きな黒い旅行鞄の中には、透明なビニールに包まれた
女性の死体が入っている。

歳の頃は25歳から30歳ぐらいで、日本人であり、
やや小柄で中肉。着衣はない。
髪は長そうだがアップにまとめられており、どの程度長いかは
わからない。
もしかしたら他にもっと明確な特徴があるのかもしれないが、
旅行鞄を開けても顔と血の気のない白い肩が見えるだけなので
計りようがない。
顔はとびきりの美人というわけではないが、やや彫りが深めで
ハッキリした顔立ちだ。
これもやはり血が引いて白というより青みがかかっているが、
まるで死後に整えたように、口の端を上げて笑っている。

俺はその旅行鞄を自宅で見つけた。
2日前のことだ。

二階の窓際に、見知らぬ大きな旅行鞄が置いてあり、中身を
改めようと開けてみると、前述の女性が入っていた。
あえて確認するまでもなく、彼女の息は絶えている。
俺はあまり慌てなかったし、比較的冷静に思考していた。

まず、この見知らぬ旅行鞄がなぜ、ここに置いてあるのかと
考えて、そしてこの女性は一体誰なのかと考えた。
次に死因はなんだろうかと考え、最後にこの死体をどう処理
するべきかと考えた。

なぜ、そうであるか。
この旅行鞄を置いた人間は家の誰かだろうか?
いや、ありえない。
この家には自分と、病気がちな65歳の母親しかいない。

この見知らぬ女性は誰だろう?
黒い大きな旅行鞄のポケットをまさぐってみたが、出てきたのは
ビニールに包まれたキーと取扱説明書だった。キーはおもちゃの
ように"ちゃち"で、つまりこの旅行鞄の簡易鍵のキーだ。
取扱説明書はそのまま、この鞄のものである。
つまり、鞄はほぼ新品かそれに近いもので、鞄の持ち主を特定
しうるものは何もないということだ。
そして同時に、女性の身元にも繋がらない。
いっそ、鞄から死体を出してみればいいと思いはしたが、
恐らく硬直していて大変だし、気味が悪いし、万が一家族に
見られれば、誤解を招くのは疑いない。

死因はどうだろう。
少なくとも、ざっと見た感じで、最初に思ったのは
彼女は病死なのではないかということだ。
葬式で死体は何度も見ているが、彼女の顔色は明らかに悪く、
目立った外傷が、少なくとも上半身には無さそうだからだ。
人間は主に上半身のほうに生命維持に関する機能が集中している。
下半身が切断されていたりすれば話は別だが、そういった
様子も無さそうだ。
であれば、病死。ショック死や内出血の死。
または、溺死。窒息死。目が開いていれば鬱血が確認できるだろうが
閉じられている。
そういえば...…
鞄は立ててあるし、死体はちょうど膝を抱えてうずくまっているような
姿勢だから、死斑は足の方へ集中し、上半身に血の気はなくなる
かもしれない。

最後に、この死体をどうするべきか。
これには容易に結論がつけられそうにない。このままではもちろん
腐敗して大変なことになるだろうし、ここから出さなければならない
ことは間違いない。だが、どこへ持っていくのか。
仮にどこかに隠匿するにしても、人目のつかないところか。
いや、あまりに人目につかない場所だと、その間に腐敗して死体が
傷んでしまう。この黙して語らない女性が可哀想だし、
見つける方にとっても気分のいいものではない。
では、すぐに見つかる場所に捨てるか。
その場合は捨てている状況を目撃されてしまうかもしれない。
俺は迷っていた。
死体というのはこれほど厄介なものなのか。重くて、すぐに腐敗し、
心理的にも負担が大きい。殺人で一番の問題点が、死体処理になる
理由がよくわかった。

それにしても不思議なことに、警察を呼ぶことは全く頭になかった。
というより、警察に相談しても意味がないと実感していたのだ。


なぜなら、これは夢の話だから。


ちなみに、死体を隠す夢は『秘密を知られたくない』
『公開したくてもできない秘密がある』という暗示のようです。
この夢を2日連続で見たんです。思い当たるフシがないことも
ないんですけどね。いや、別に死体を隠匿してるとかじゃなくて。
スポンサーサイト

| 閑話休題 | 07:10 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

お久しぶりです

あー、あれですね、銀行口座の暗証番号を公開したくても公開出来ないからそんな夢を…。

| コアラ | 2013/08/12 03:43 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT