上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
仕事が早いので札幌市内にホテルを取った。
どちらかといえばこの時期は、雪害で移動不能になる
危険性を避けるためである。

おかげで通勤(?)が楽だ。
今日はそういう外泊最終日なので、なんか食べに行こう!

とにかく寒い。
寒いなんてもんじゃない。超寒い。
マイナス5度とか6度とか10度とかになる。
寒いのでなんだか、ラーメンでも食べるかという
気持ちになってきた。で、ホテルの近くにちょうどラーメン
発見しました。

そういえば、と思い出す。

ホテルに最初にチェックインしたとき、
サラリーマンの集団がエレベーター前にいた。

「いやー懐かしかったなぁあのラーメン」
「あれでワンコインだよ」
「うまかったっすよ」
「渋いよなぁ味わいが」

ラーメンを食べに行った感想を話しているようだ。
つい、どこに行ったんですかと聞きたくなったが
見回してみれば、ホテルのすぐそばにある。

『ラーメン 華龍』

風体は完全に昔のラーメン屋。そしてその実態は……

まるで昭和からやってきたような、
昔のラーメン屋だったのです。


塩ラーメン 500円(これは大盛580円)

なんという安さ。
20年前はこういうラーメンがあった。
家系とかいう畏まったラーメン屋が幅を効かせる前は。

どっかりと盛られた野菜は
もやし、ほうれん草、白菜、長ネギ。
胡麻油の香りが心地いい。

いただきます。

……!

おお。

確かにこれは渋い。
そして懐かしい。

うん。こりゃあ旨いぞ。

中太麺にからむスープは鳥と豚か。
そして野菜の凝縮した旨味がある。
肉の味で、とか、出汁の味でとかではなく、
野菜がスープの根底にちゃんとある。

チャーシューも大降りなのが二枚。

これで500円。大盛りでも580円。
580円だよ580円。このコスパの良さはどうだ。
少しやわらかめの麺とこの抜群の複雑さのスープ。
大量の野菜が全てにおいて優しい味わい。
これ、ちょっと最近味わったことがないレベルかも。

このお店、カレーとラーメンの店ということで、
メニューにはないけどミニカレーなんてのもあるらしい。
是非ともカレーを……と思ったら、ご飯切れ。
ああ、残念。

食べログにはカレーを絶賛する声もある。
カレー食べたかったなぁ!!

しかしもう十分。大盛ラーメンのボリュームで
お腹一杯になりました。
店主のおばちゃんも気さくな方で、この素晴らしいお店が
いつまでも続いてほしいと思うのです。

『ラーメン華龍』は月曜日が早く終わるか休みで
通常、夜10時までやってます。

これだけ遅くまでやってるなら、また来れるだろうなぁ。
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。