上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
@へも
「総長ー。総長総長ー大変ですー大変なんですー」

@門司
「なんですか!?」

@へも
「わ、びっくりした。いきなり大声で返事しないでくださいよ」

@門司
「人生には驚きが必要でな」

@へも
「はい」

@門司
「このコーナーの更新も1年ぶりぐらいだそうだ」

@へも
「嫌な驚きに満ちていますね……」

@門司
「それはそうと、本当に久しぶり」

@へも
「総長、確か前回は仙台にいたんじゃなかったでしたっけ」

@門司
「そう、そんなに前なんだよ。思えば若かったなあの頃」

@へも
「30代中盤だった気がしますが」

@門司
「今よりは若い」

@へも
「今も30代中盤であることには変わりないですが」

@門司
「それはそうと、何がどう大変なんだ」

@へも
「毎月19日は熟カレーの日らしいです」

@門司
「お前、それを言うためにわざわざ輪廻から舞い戻ってきたのか」

@へも
「どこですか輪廻って」

@門司
鴨川あたりらしい」

@へも
「へー」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


@門司
「俺の名前は門司! 人呼んで総長!! 趣味は
さやえんどうの筋を綺麗に取ること!!

@へも
「私は人権保護団体へも!! アクアノートの平日ブログのNo.2!!
好きなものはファミスタでホームラン打った後、次の打者が打った時に
ちょっとだけ歓声が上がるところ!!」

@門司
「我々は!!」

@へも
「私達は!!」

@門司
「前口上を名乗らないと、もはやしばらくぶり過ぎて誰だか分からんな」

@へも
「更新しないからじゃないですかね」

@門司
「今日は、潰れたゲームメーカーについてお話しようと思う」

@へも
「なかなかドラスティックなテーマですね」

@門司
「で、こちらのサイトをご覧になってください

@へも
「ファッ!?」

@門司
「何だ」

@へも
「説明しないんですか!?」

@門司
「俺が説明するより詳しく書いてあるから。そのサイトに」

@へも
「手抜きride on手抜きって感じですね」

@門司
「というわけで、そこには書いてないような倒産について書くわけだが」

@へも
「どういうことですか」

@門司
「株式会社インデックスについてとか」

@へも
「やめたほうがいいんじゃないですか?」

@門司
「インデックスHDといえばアトラスだが、アトラスと旧インデックスは兄弟会社で、
そんなわけで色々あってアトラスとインデックスが悪魔合体して
『インデックスHD』としてスタートしたってのが2006年の話」

@へも
「あ、やっぱりするんですねその話」

@門司
「『インデックスHD』が何をする会社かというと、要するになんでも屋として
業績を拡大、いや事業を拡大していくM&A会社という感じになったわけだが」

@へも
「はい」

@門司
「こういう会社は事業が拡大できているうちはいいけど、一度行き足が止まると
大逃げを打ってる馬みたいに一気に逝っちゃう性質でな。
アトラスは割と地道に業績を上げてたんだが、本業は大変なことになっててな。
タカラ買収して携帯端末ゲームに全力を注ごうとしては失敗したり」

@へも
「ペルソナ アインソフとかですか?」

@門司
「いやぁまぁ……」

@へも
「終わりも起伏もない盛り上がりのないブラゲーとして終わった事で有名な
ペルソナ アインソフとかですか?」

@門司
「それだけで滅びたわけではないんだけど」

@へも
「そうですか」

@門司
「それに終わりはあったじゃんサービス停止という終わりが

@へも
「サービス停止を誰も知らなかったという噂もありますけど」

@門司
「まぁそれはともかく、インデックスは経営に窮したわけだけど、
そんな状況の中で、インデックスみたいなヤバイ会社に何十億も貸す
すごい銀行が現れたわけだな救世主誕生的に」

@へも
「へぇ」

@門司
「それが日本振興銀行っていうんだけど」

@へも
「はい」

@門司
「これがまた無茶苦茶な経営してたわけなんだけど、要するにこの日本振興銀行
に金借りて、その資金融資の充当として株や資産を握られたわけ。
で、インデックスも日本振興銀行の株を大量に抱える事になったわけだけど、
これが要するに、日本振興銀行という赤字の銀行が、インデックスという
赤字の企業に金を貸すという、常識的に考えれば涙無くしては語れない
車寅次郎も実家に帰ってくるような話か、
ヤバイ橋も二人で渡れば怖くない的な話のどちらか」

@へも
「後者ですか?」

@門司
「後者だったんだなこれが」

@へも
「Win&WinじゃなくLose&Loseの関係ですかね」

@門司
「粉飾決算したい日本振興銀行と、買収しまくった子会社(幽霊企業含む)を
大量に持つインデックスHDの利害が一致しちゃって、二人三脚で粉飾に勤しみ、
どうにかこうにか赤字を消し続け債務超過を防ぐ活動を開始」

@へも
「うわー」

@門司
「架空の受注と架空の発注を無から生み出す
まさに創造企業として
がんばっていたんですが、日本振興銀行のほうのアタマが先に逮捕されちゃって、
インデックスは心強い味方(悪事の片棒)がいなくなっちゃった」

@へも
「ほう」

@門司
「そこでそれまでの(一応銀行管理下の)てぬるい粉飾決算を改め、
独自ルールを用いたなさけむようのバーリィトゥード的粉飾決算に乗り出す
ことにしたインデックスHD」



@へも
「なぜそうなるんですかねぇ……」

@門司
「アトラスの名前での好調をアピールし、これから財務改善に乗り出すぜ!!
みんな応援してくれよな!! と株式市場で高値のアピールした直後に
いきなり赤字転落、債務超過、監理ポスト落ちにより株価急落」

@へも
「ちょ」

@門司
「『四半期売上は予定通り』とかアナウンスしといて普通に赤字とか
やらかす企業だからと言われていたけど、これにはさすがに株持ってた
投資家も激怒。株ってのは信頼よ。株式って信頼なくなると終わるのよ。
で、無茶やったもんで目つけられて、循環取引の疑いで強制捜査喰らい、
粉飾決算がバレる。インデックスHDの終焉とともに、アトラスも死亡。
実際のとこ、アトラスだけがインデックスの中での優良企業だった」

@へも
「かわいそうに」

@門司
「そんなアトラスが、株式会社アトラスとして2014年4月1日に復活!
セガサミーグループ傘下だが、一応屋号は復活したわけだ!
おめでとうアトラス!!

@へも
「おめでたいですねぇ」

@門司
「そうだな」

@へも
「……」

@門司
「……」

@へも
「え、オチとかないんですか?」

@門司
「いや、いい話で終わろうと思っただけだから」

@へも
「パチスロのペルソナ4がものすごい糞だったって話は!?」

@門司
「あれはニューギンが悪いんであってアトラスは悪くないだろ」


<終>
スポンサーサイト
  
コメント
うはっ
趣味が総長とかぶった
あづま│URL│04/16 21:17│編集
Re: うはっ
> 趣味が総長とかぶった

そうですか。奇遇ですね!
きっと今後残念ことが起きると思いますよ!

それはそうとあづまさんは東トナタ先生の巧妙な偽名ですかね・・・
トナタ先生であれば・・・
たまにはブログ更新してください!
門司(もりあき)│URL│04/21 15:02│編集
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。