上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この9月も半ば。

北海道は既に厳冬期に突入しており、早朝の気温が
氷点下50℃を下回る日もそう珍しくはない。
日中も最高気温は氷点下10℃程度であり、
基本的に白夜である。
北海道民の大半は、これから半年の間、太陽を見ることはない。

川や湖や海は完全に凍結し、沿岸では逃げ遅れて
氷漬けになったアザラシの氷像が目立つ。
その氷像が雪まつりの際に展示されていることは
皆も知っての通り。

だが、この北海道国のキャピタル・シティである
札幌都はまだマシな方だ。

周辺都市では既に、人間よりもペンギンの数が
多くなっている。先日、ビビンパをビビンバと改称する
横暴な都市条例を多数派のペンギンにより可決された
江別市などはその一例だ。他を探せばきりがない。

本日もブリザードが吹き荒れる中、雪上車で通勤する私は
セブンイレブンの肉まんが今100円セールを
やっている事に気づき、無限軌道を止めたのだった。



というわけで、セブンイレブンの肉まんと肉まんを
食べ比べてみることにしました

というか普通の肉まんは普通の肉まんなので
特になにもありません。


特製手包み豚まん(150円)

普通の豚まんと比べて、やや大きい感じがする。
中身も詰まっている。

食べてみます。


……

皮がいいっすね。

モチモチとした食感で味わいも濃い感じです。
それに加え、厚目の皮がとってもデリシー。
なんだかしっかりとしていて、全然違います。

豚肉はサイコロ状になっており、かなりいい食感が
ありますね。ぐちゃっと中身が詰まっているのでは
なくて、それぞれが、ああ肉だ、ああ野菜だ、みたいな
主張をしています。これが大変心地良い。
美味しい事もさることながら、ちゃんとした豚まんの
良い部分がそれぞれ発揮されている。

何より、さっきから何度も出てくる食感。
これが素晴らしい。
ふわっとしながら腰のある皮と、乱切りにされた肉。
完成度が高いなと唸ります。

本当に最近のコンビニの調理品は旨い!
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。