上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いやー超久しぶり。

正直ねー年度末って凄いんですよね。忙しくて。
学生連中は春休みをさぞかし謳歌しておられたんでしょうが
社会人はデスね、この時期は追い込み、追跡、営業、広報、
新人歓迎会、旧人歓迎会、亜人歓迎会、獣人歓迎会、
獣王記などのイベントが目白押しになります。
私、学生だった頃は20億年ぐらい前なので、春休みとか
夏休みとかを過ごした記憶が若干曖昧です。
確かミトコンドリア君と46億年物語やって
遊んでたんじゃなかったなぁ。

それはともかく



久々にパチスロでも打ちに行ってきました。

いや、これまでも時折打ってたような気がするのですが、
そんなにおもしろくない台ばっかりだったり、
ジャグとかHANABIとかレビューのしようのない台ばっかり
だったりしたので間も空きます。

いやー、真面目に最近のパチスロつまらない台多すぎませんかね。
出玉はあってもゲームとしてつまんないからね。

パチスロって大人な遊びだと思うんですよねー。
芸を楽しむ感じの。
一瞬後に起こることが決められている映画、
1ページ後に何が書かれているか出版時に決められている本、
それとは違う、
一瞬後に何が起こるかわからないコンテンツ。
だから、演出も同じように
『先が読めないこと』

が重要になると思うんですね。
お金が賭けられているコンテンツだからこそ、リールという
物理的な回転体を搭載しているからこそ、そこには
適切なテンポの演出×先の読めない展開=静と動のバランス
こういう式が成り立つんじゃないですか。

話が長くなりましたけど、本来、パチスロに液晶載せるのって
すごく難しいことなんですよね。

モーターでリールがまわる箱に
液晶TV付けてるわけじゃないんで。


リールとのタイミング、リールとの整合、音のバランス、演出のタイミング、
演出の質、画質、作画、動画、光の加減・・・
本当に高度なバランスを要求されている。
面白くない台というのは、そのバランス感がダメなものが
多くを占めていると思う。

打ってる方もお金を賭けているし、
開発にもすごい額のお金がかかってるわけですからね、
もちろんホールも、1台40万円も払って購入している。
あんまり適当に台を作るのはやめていただきたい。
パチスロはそんなに単純なものではない。
打ち手が求めているのも、そんなに単純なものかな?

出玉があればいいんだよ! って言ってる人もいますが、
出玉の優秀な台よりも、アナザーゴッドハーデス打ってる
人のほうが多い現状がまさにそうでしょう。
HANABIなんてずっと誰かしら打ってますし。
機械割がどうのこうの言っても『沖ドキ!』は人気ですし。
でも、そういう、出玉に直結しない面白さってのは
本当に作りが難しいし、なかなかないよね。

と思ってましたが、久しぶりにいいなと思った台がありました。


maxresdefault[1]

2015年3月に出た『戦国コレクション2』です。

スペックは一般的なAT機で、システムとしては
KPEのお家芸『アクセルAT』搭載。
(アクセルATのシステムはこちらのblog参照

純増3.0枚という現役機種最高クラスの純増で、
コイン持ちは約34G/50枚という、
約25G/50枚という極悪コイン持ちの激闘西遊記の問題点を
綺麗に解消してきました。

打ってみると、左ベルがだいたい1/20ぐらいで成立しているのか
7枚ベルが普通に取れます。
このコイン持ちの良さは『取りこぼす可能性のある』スイカが
1/128で成立し、12枚役というやけに払い出しの多い役だから
でしょう。AT機なのにいい緊張感があります。

取りこぼして少し悔しい思いをするぐらいがパチスロの
いい楽しみ方だと思いますね。

通常時はバー狙いで、左がスイカを引き込んだ時は
中、右をバー狙いするとスイカが取れます。

通常時は北斗転生のように、基本1Gごとに1ずつ増える『コレ』を
貯める作業です。転生の場合は1536あべしで当たりますが、
戦国コレクション2は最大で999コレ貯めれば当たり。

一気に増やすための『鬼ヶ島チャレンジ』というものもあります。
(転生でいうところの天破の刻)
順調にレア役を引けば実回転数400回転とかで天井行くことも
あります。

この天井がモード推察、設定推察に使える。
999コレで当たった場合は設定6確定。
通常Aモードの天井は992コレ。
通常Bモードは640コレ。
1-128Gの振り分けは約45%。
偶数はハマりにくく、奇数は128までに当選しやすい。

この辺はモンキーターンを丸パクリしたような感じで、
前作も同じような作りでした。

レア役で鬼ヶ島チャレンジ、周期抽選で『修羅モード』という
前兆へ移行。味方キャラが増えればチャンス、敵が
信長ではなく明智ちゃんだったらチャンスと、わかりやすい。

基本的にはこの程度のことだけ知っていればよく、
普通の台という感じもするが、
この台の素晴らしいところは、演出パターンの多さと、
そのセンスの良さ、スピード感、バランスの良さにある。

鬼ヶ島チャレンジ前兆演出は4種類。
◯コレ丸を探し出せ!
◯武神茶で唸らせろ!
◯炎の技を極めろ!
◯百人一首?で勝利せよ!
下のものほど期待値アップ

◯コレ丸を探し出せ!
小悪魔王がコレ丸とかいう畜生を探す。
屏風やふすま、セリフパターン、色でチャンスアップ。
誰かが着替え中(信玄だったり謙信だったり)だったらチャンスか?
なぜ屏風の裏で着替えているのか、疑問に思ってはいけない。

◯武神茶で唸らせろ!
小悪魔王が男性武将にお茶を作ってもてなす。
男性武将が飲んだふりをしたらチャンス?
茶菓子が豪華だったり、お茶がラテアートだったらチャンス。
お茶っ葉や薬品を投入してコーヒーを作る謎に気づいてはいけない。


◯炎の技を極めろ!
なぜか小悪魔王が氷の壁を必殺技でぶち破る演出。
ぶち破れればチャンスだが、必殺技の火竜の爪が糞弱い。
前作も弱かったんで開発陣はわざとやってるんじゃないかと。
自分の技を撃つのに誰が書いた巻物を読んでるのか、考えてはいけない。

◯百人一首?で勝利せよ!
20150308102025372[1]



20120208144304[1]
こうですか? わかります!



どうでしょうか。
どの演出もいい感じです。


前作の『戦国コレクション』では、船に乗ってる敵を味方ごと
必殺技で爆殺してニッコリ微笑む
狂気を見せたKPEですが
今作も見事な出来です。
どの演出もリズムが良く、チャンスアップも多彩で、
何が来るかわからない楽しさがあります。

また、BGMがどのシーンも適切かつ、騒がしくなく、
邪魔をしていません。効果音も、上乗せ+10Gで隣の島の
おじいさんがショック死するような爆音を発生したりしません。

前述のゲーム数振り分けや、『わかるようなわからないような』
微妙な感じで隠されているAT中のステージ。
現時点の状態移行。
AT直撃率でみた設定判別。
通常時から色々と考えさせられたり、
時折タノシイ気分にさせてもらえたり、
エンターテイメントとして優秀です。

最近、AT中はただキャラが走ってるだけで
曲はセレクト機能で20曲ぐらい選べて
みたいな
動画担当が休暇取ってベガスに行ってしまったような
ひどい作品が目白押しですが、
この作品は、各ステージBGMがあり見た目も変わり、
全ステージのボスも違う(しかも男女ボスが揃っている)など
ちゃんと作りこまれています。

20150108182534709[1]
色々な雑談をするゴザルニャンとモアイの掛け合い

「背中のフタが半開きなんです」
「最近スマホを買ったんです」
「我々の肌はツルツルでゴザル」
「(ガラスがあるので)触れなくて残念ですね」

「通常時にプッシュボタンを押すと、キャラボイスを選べます」
(上記を設定して数ゲーム後)

「設定してくれてありがとう」


セリフの一つ一つも、面白いし、意外性に富んでいる。


KPEというメーカーはゲーム会社関係でもあり、パチスロを
ゲームとしてとらえた時、インプットとアウトプットの関係、
簡単に言うと、『ボタンを押したら音が鳴る→タノシイ』を
理解した台を作ります。時々。

グラディウス・ザ・スロット、マジカルハロウィン3など
素人が作ったとしか思えない下振れも凄いですが
麻雀格闘倶楽部や激闘西遊記など、ゲーム性と演出とが
上手く噛み合った時の爆発力はとんでもないものがあります。

KPEの台には、一ヶ月で撤去される駄作と、
10年でも打ち込める名作とが混在します。


まさにこの『戦国コレクション2』がその名作で、
<キャラクターの魅力>
<演出的魅力>
<効果音の魅力>
<音楽の魅力>
<設定判別等の技術、知識介入の魅力>
<意外性>
<出玉>

これらの要素が高レベルでシンクロしており、
僕は思うのですが、この台は、もう終わろうとしている
5号機(いわゆる5.1号機とジャンルされるAT機)の
集大成、完成形の一つではないかと思います。

この台の完成度の高さはちょっと衝撃的なほどで、
これから規制でスロ界はどんなことになるのかはわかりませんが、
確信して言えるのは、この台は5号機が消滅するまで
残り続けるだろう
ということです。

ただ、全体的にレア役重すぎでちょっとその点だけバツ。
ほんっと、強チェ全然引かないんだよなぁ。

『戦国コレクション』を知らない方でも十分に楽しめると思います。
知ってればもっと楽しめます。アニメ版は名作です。
私的な話で恐縮ですが、
この台、劉備ちゃんが出ないのはバグですかね・・・?



最後に。


E688A6E59BBDE382B3E383ACE382AFE382B7E383A7E383B3[1]

この台枠、デザイン。
良くないですか?
上のロゴの位置、役物配置、
リールの左右の明智ちゃんと小悪魔王、
下パネルのキャラの位置といいロゴのバランスといい
上から見ていくと、真ん中から垂直に切って
きれいなシンメトリーなんですよね。
ホールで見ると凄い美人に見える台です。
見栄えのする台って言うんですかね。
大事なお金を遣うんなら、このぐらいきれいな
デザインの台に使いたくなりますよね。
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。