携帯ホームページ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

千歳市 稚内回転寿司花いちもんめ

お仕事で千歳市まで来ました。

それはそうとして腹減ったなーもう二時かー
お腹もペコちゃん(井之頭五郎風)なので、
偶然見つけた、最近出来たらしい回転寿司に行きます。

最近、回転寿司の新規出店が少なくなったもんで、こういう風に
回転寿司に突撃レビューするのは久しぶりです。
多分旬楽以来とかかなぁ。


ちょっと高いが思ったよりメニューがある

稚内回転寿司といいますが、そこまで稚内の漁業ブランドが
構築されていない北海道で稚内をアピールするのは
どうなんだろうという不安を覚えます。

花いちもんめ。

なんかどうも、回転寿司より居酒屋のほうが似合いそうな
店名も気になる。


ランチ限定5カン盛り480円(税別)
しめ鯖190円

味は凡庸です。良い意味で言えば平均的な味ですが、
この価格出すなら根室花まるやなごやか亭や釧路まつりやに行きたい。
特にシャリ。そして握り。握りが強い。酢がやや強い。
シャリ自体に張りや艶がない。
シャリは平凡以下かな。


ザンギ 190円

で、でたー!!

唐揚げに付けるレモンすらケチる店ーーーーー!!!

嫌いですねぇこういうの。
本当にやめてほしい。
少なくとも、サーモンとかではまずまずの味なんだから
こういう揚げ物でポイント落とすのはやめてほしいですよね。

  さくさく

!?

あれ!?
美味しいぞこれ!?

薄い衣は柔らかく、容易にほぐれ口当たり優しく、さっくりと、
そして肉は肉汁たっぷり、そして程よい理想的な味付け。
どれをとっても

どれをとっても…

うまい。

あれっ、このパターンだと従来なら、ザンギもぼろくそに言って
終わるところなのに!
でもこれは、確かにおいしい!


柳タコの卵 190円

タコの卵…?

……タコの……卵?

そりゃ卵ぐらいはあるだろうけど、
食用になるものだったのか!
全然知らなかった。初めて見た。もちろん味などわからない。

30年後半まで生きて、初の食材とは。ありがたいものだ。


見た感じはかなり面妖だ。なんだろう。形容できない。
うーん。粘り気のあるレモンジュース?色?
どんな味なんだこれは…。


  ぱく

ん?

……

…………あー


ああ、

あれだ。


イクラだこれ。イクラの中身。

すっげぇなんか痛風になりそうな味がするw

濃厚。それもちょっと桁が外れた濃厚さというか、
深い深い、どこまでも深い、深海まで続くような旨味がある。

見た目はグレープフルーツの内皮をとった鞘みたいだが、
味はキリッとした塩味と、極めて濃厚な魚卵の味。
処置がいいのかもともとこうなのかはわからないが、
いわゆる磯臭さはあまりない。
癖がないということで言えば、イクラ以上だろう。

要するに見た目が違うのだ。見た目が。
しかし、もしもこれが赤くて丸い卵であれば、とんでもなく
高価で取引されるものになっていたかもしれない。
タコにとっては卵がクリーム色で助かったと言えるだろう。


最後に納豆巻を頼んだが、羽根が糞すぎて黒い紙に
巻いてる
のかと思った。

総合的に見て
一芸に秀でている店だとは思った。安くて旨い食材を入れて
平均価格を下げようとする努力もわかる。しかし、寿司の土台である
シャリの味に問題があり、寿司の誇りである海苔が味も香りもない
安物であるなど、どうにも少し解せない。

色々と、もう少し頑張れると思うのだが……。


このシステムは良いと思う

同価格なら1カンずつ注文できるシステムは良いと思った。
皿の色を客に書かせるってのは若干謎だが。
スポンサーサイト

| 外食とか料理とか食関係 | 15:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://aquanote.blog27.fc2.com/tb.php/1314-5287b55a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT