上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
函館の温泉もだいたい行き尽くしたので、今日は空いている時間を使って
(というか仕事のついでに)やってきた函館市桔梗の近く、
七飯温泉まで行きます。



七飯町健康センターアップル

アップルとかいうなんだか浴槽にリンゴが浮いてそうな
名前がちょっとアレです。

もしくはMacbook持った大学生がフラペチーノ片手に
温泉入ってるのでしょうか。
「アップルでアップル使っとるでww」みたいなことを
Twitterに書いちゃうのでしょうか。
いっそ私がやってみてツイートをガン無視されるのも
ちょっと考えてみましたが残念ASUSの半不良品です。

この七飯町の公園温泉はとにかくのどかな立地で




周りを見渡しても畑ばっかりです。


町営らしい実にシンプルな施設で、結構綺麗で取り立てて
目を引くようなものもありません、が。

この温泉、なかなか悪くない。

泉質はとにかく成分が薄く、蒸発残留物0.3g以下。

僅かに硫化水素を含んでいるのですが、内湯では全然感じることが
できません。お湯。もう完全に普通のお湯。

濁りのないクリアなお湯なのですが、ほんの微かに、甘いような
芳香がある。ような…気がする…。

函館周辺の火山帯にある温泉らしく、湧出温度は60度近く、
一見ただの白湯なのに激アツ。
内湯には高温湯と低温湯がありますが高温湯は浴槽で43度。
しびれます。

露天風呂は若干ぬるいのですが、源泉投入口の付近は
熱湯同然のお湯がバンバン投入されていて、浴槽の低いところから
派手に掛け流されている。

アルカリ単純泉。
函館の、例えば谷地頭などの濃い温泉と比べると
全然真逆の温泉ですが、これだから面白い。
湯ざわりが柔らかく、しかも熱く、じわっと温まるので
身体に優しい。

函館温泉行の上がり湯に、この温泉の存在は宝石のように
貴重です。温泉で温めた肌を、極上の軽い温泉で〆る。

良いウィスキーにチェイサーが必要なように、
この素晴らしい温泉も必要なのです。

まっさらの透明な熱い温泉。爽やかな七飯の涼風。
東に流れていく鈍色の空。いつまでも入っていたくなる。

温泉が好きな人に大変おすすめです。
建物は普通な感じですが、お湯はシブいですよ。
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://aquanote.blog27.fc2.com/tb.php/1326-c48fcd46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。