携帯ホームページ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

乃木温泉なごみ 函館市乃木

久々に函館に来ました。

月2ペースで来ていた頃が懐かしい。

今回は、いつも通り常宿と化している大黒屋旅館に
泊まっていますが、行ってない温泉も攻めてみます。

『乃木温泉なごみ』

五稜郭からもほど近い、函館競馬場からは
めちゃ近いこのあたりに温泉があります。

見た目普通な感じのスーパー銭湯ですが
中身はバリバリの温泉です。

浴室は外見にするとやや小さく見える。
中型浴槽が四つ、温泉、高温泉、変わり湯
普通の感じです。綺麗なスパ銭。
お湯は少し黄土色に濁ったような感じで、
まるで七重浜と谷地頭が混ざったような色。

味わうと、いわゆる塩とカルシウムの味。
函館っぽいミネラル多いお湯。
当然目いっぱい掛け流し。浴槽のフチから
ザバザバ豪快にオーバーフローしとります。

露天風呂はと言うと、これはうってかわって
内風呂よりもかなり広い。
大きな熱い岩風呂と、更に大きなぬるめの大きな浴槽。

露天風呂はと言うと、なんと
お湯の色が透明です。銀白色のお湯。
湯の川温泉のお湯と見た目は全く変わらない。
なんででしょう?

源泉は特に二本あるように書いてないので、
これは多分、空気に触れる時間によって
色味が変化する温泉なのでしょう。

露天風呂の方ももちろん全て掛け流し。
オール温泉、かつ歩行湯があり、
歩行湯の方も掛け流しというのがまた素晴らしい。

さすがは函館。
お湯の使い方に妥協が全くない。

素晴らしい施設だと思いますが、
ちょっと気になったのは、館内にずっと流れてる
オルゴールの曲と、露天風呂のテレビ。
そして広々としてるけど殺風景な空間。
なんだかもったいない気もします。
しんみりと、暗い雰囲気の中で、
静かに極上のお湯を味わえる空間があれば
嬉しいのだけど…。

まぁ、旅行で使うような温泉ではないから…
これでもいいのかな?

普段使いしたくなる温泉としては、もちろん
最上級のものです。つくづく函館民が羨ましい。
スポンサーサイト

| 温泉 | 19:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://aquanote.blog27.fc2.com/tb.php/1359-67d3d1fd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT