携帯ホームページ
FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

レストラン ケルン(森町)

今日は森町にいます。



いやぁ。
なんかもう、しれっと遠くに居ても
何とも思わなくなって来ましたね。

今シンガポールに居ますって書いても
あっそうシンガポールって何県だよみたいな
そんな感じですね。

報連相をしっかりして無いと、同窓会に誘っても
当日になってからシンガポールに居るとか
反応に困る返信されてしまいます。

そういう時、一言、

『草』
って返してやるのが良いと思うわけです。

草。




それはともかく、今日は森町で仕事してます。
晩御飯はラッキーピエロ
…は、やたら混んでて並んでて
オーダー20分待ちぐらいだったので、
やめて、初めて来るお店。
『レストラン ケルン』にやって来ました。

ケルンと言えばアレですか。
ケルン大聖堂とかケルン大学。

えー…

無学なのがバレる…。

『レストラン ケルン』は古めかしい
ロードサイドレストランの様相ですが、
木造の広い店内は、調度品もポップで明るく
窓も大きく、かなり素敵です。

メニューは…一見すると、ファミレス?
個人店舗とは思えない、ステーキ、
カットステーキ、
チーズハンバーグ、おろしハンバーグ、
エビフライハンバーグ、
チキン、カレー、フライその他いろいろ、
サラダセットにスープセット…

まるでファミレス。

ちなみに一番人気はハンバーグとの事です。


レギュラーハンバーグ Aセットライス大
多分1300円ぐらい

さぁ来ました。
噂に違わぬ味なのかどうか。

美味い!甘くて!

……

すみません。ニンジンが美味しそうで先に食べてしまいました。

改めましてハンバーグを食べます。





おお!
美味しい!!

いやこれは、かなり正統派。直線的に美味い。

ハンバーグはベタベタ
いわゆる脂っぽいものではない。
適度に焼いて脂を落とした、上質な赤身。
非常に濃縮感のある牛肉。
旨味のサイコロのようなもの。

そして、特筆すべきはデミソース!
これは凄い。素晴らしい。
本物であり王道のデミソース。
非常にパンチを効かせた濃厚なチャツネ的旨味。
塩味もまろやかながら、非常に強い。
塩味、甘味、旨味、三つのバランスの完璧さ。
そしてこの鉄鍋の縁で
ジュウジュウと焦げたソースの芳香なんて、
脳神経をかき乱してくる妖艶ささえある。

この強力な旨味爆弾に、
パンチどころか鉄拳デミソースが絡むのだから
暴力的である。

よく、味が噛み合わない料理を『ケンカする』
などと言うが、これは確かにケンカしている。

肉とソースが、組み合って互いに
火花を飛ばして超必殺技を繰り出している。

ソースが肉に勝とうと、肉がソースに勝とうとし、
口の中で激烈な殴り合いを展開するのである。

それはもうリングサイドの舌さんは大興奮。。
もっとやれとけしかける。

鉄鍋の縁の焦げたソースが思い切り
ぶちかましてくるが、付け合わせの
グリルポテトが完璧な当身投げでソースの
力を利用する!

ニンジンの官能的な甘みが
ラウンドガールのように脳をとろけさせる。

奇跡のようなソースを白いご飯に載せたって
一向に構わない。一流の脇役は舞台を選ばない。

そうか。こういう事だな?
ジャガイモの付け合わせ。
これだ。半分に切ったこのジャガイモ。
食べ終わっても、残っているソースを
ジャガイモでこすり取って食べる。
その形はそれに適している。


食後。
そこには全くソースが残らない綺麗な鉄鍋が。

なるほど完璧だ。
洗い物も楽でいいな!
スポンサーサイト



| 外食とか料理とか食関係 | 19:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://aquanote.blog27.fc2.com/tb.php/1424-72048671

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT