携帯ホームページ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

たまには雑話 ヤンマガ『レッツ☆ラグーン』

漫画はごくたまにしか読まないんですが
(せいぜい気が向いたときにヤンマガ、モーニング、ヤンジャン、
マガジン、サンデーあたりを読むぐらい。多いか)

先日コンビニで、数ヶ月ぶりにヤングマガジンを読み、
『つーかまだ小柏とバトルしてんのかよ拓海』とか
『そろそろ武藤さんのヒジ見てーな』とかぼやきつつ
もう漫画の話についていけない俺も歳になったものだと
痛感していました。

ふと目に止まった絵。
『レッツ☆ラグーン』っていう漫画です。
お、こりゃー上手い。絵だけ上手い
新人かと思ったらプロットも丁寧でコマ割りもカットも絶妙。
なんだこの驚異の新人。セミプロ同人? 
大抵の絵なら見覚えあるが、見たことないタッチだなぁ……。

とか思ったわけです。二度読み返して、作者名を見たらあんた

岡崎武士大先生じゃないですか。

大先生、病気で引退したと思ってたのに復帰なされたんですか!

20代後半のダメ世代にとって岡崎武士『精霊使い』は
忘れることの出来ない名作ですよ。
つーかメンタラ懐かしいですよ。えらく面白かった。刊行が遅くて泣けたけどw

岡崎先生といえばあの萩原一至の同門。まつもと泉先生のアシ。
当時、萩原一至と共に新時代の天才絵師と呼ばれたお方。
30近くの元オタなら脳内一発検索です。

まさかこの時代になって復活してくるとは……。しかも絵柄が若い!!
あの繊細なタッチに軽さをアレンジして、グラフィカルではなく現代的な
コミックスに合わせてきている。イラストレーターとして熟年に至り
技術に走りがちな年齢でもあるのに、この柔軟性・研究心は心底恐れ入りました。

世間に合わせて自分を変えていく、それが最も難しく、受け入れにくい
ことです。人生で一番難しいことと言ってもいい。

身につまされる思いがしました。

文の道は千日を以って初心とし、万日を以って極みとする。
未熟すぎる自分を律し、精進しなければいかんなぁと。

先生にはお体に気をつけて頑張っていただきたいものです。
単行本が出たら勿論買いますので。ええもうそりゃ昔を思い出して

保護用ブックカバーと共に初版で2冊買いますので。

岡崎氏を知らない世代の皆さんにもオススメします。
メンタラも今見てもきっと面白いよ。再版されたら俺も買う。
スポンサーサイト

| 閑話休題 | 04:45 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

ダメ世代がここにもw

「精霊使い」懐かしすぎる。「リリカルかれんちゃん」とか。
「カウンタック」とか。
全巻押し入れに入ってますw

「真・イズミ幻戦記」のイラストを書いていたので
イラストの仕事を続けてるのは知ってましたが、マンガもきましたか。
うれしい限りです。

単行本は無条件買い決定でw

| YZF | 2008/01/16 17:09 | URL | ≫ EDIT

ノシ ここにもいるです。

当時「エクスプローラウーマン レイ」ではまり
追っかけてました。確か「精霊使い」3巻発売記念の
サイン会に行ってサインと握手してもらったのが懐かしい。

そういえば、1万円近くした画集がどっかにしまったままだなぁ~探そうw

| かげ | 2008/01/19 23:22 | URL | ≫ EDIT

>エクスプローラウーマン レイ

なっつかしいなぁ。
あらゆる状況でも無敵のヘッドがカコイイ。
無敵すぎる考古学者ってのも良い。
まつもと泉の弟子だったせいか、初期の頃から
カット割りが独特で雰囲気あるんだよねぇ。
表現の多彩さや、一コマ内に詰め込む情報の上手さとか。

俺も小説を書くときはテンポと硬軟バランスを重視するけど
意識しなくても、どこかにこういう見本が散在してるんだなぁ。

| もりあき | 2008/01/21 01:53 | URL |

確か気胸で連載中断、一応完結、引退。と言う流れだったはず。
師匠のまつもとさんは骨髄液が漏れる状態で長いこと闘病して、萩原さんも…だし、呪いでしょうか。

今月、1巻が発売になっていたので購入。

| 名無し隊員さん | 2010/09/16 21:12 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT