携帯ホームページ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

体調悪化の原因は意外なものだった

背中の張りと頭痛がひどくて、何もする気も
起きず、このままでもいかんので整体に行ってみた。

話を聞いたところ、
『尋常じゃないレベルの肩こり。っていうか全身
ものすごい状態』とのこと。

若い頃からスペシャル自由人でストレスフリーで
肩こりなんか全然無いことがささやかな自慢の一つ
だったのに、いったいなぜこんな事に。

半年ぐらい前から、慢性的な頭痛と倦怠感、背中の
張りに悩まされていた。何かでかい内臓疾患でも
あるんじゃないかと疑ったが。
いやまさか肩こりとは。しかもそんなひどいとは。

言われてみないと考えもしなかったんですが、
そういや、と、思い当たることがありました。

ベッドかな。
ベッドの予感。

うちのベッドは特別製(自作構成)で、底着き感が
大嫌いだからと、ソフトで分厚く、スプーン一杯で
こんなにファーファな感じを出していたのですが。
マットレス3重にして敷布団載せて。
というかさらに、クッションを追加して腰のあたりが
沈みすぎないよう小さな山型にしていたのですが。

これ、絶対やっちゃダメ的な感じだったらしいです。

布団の中にずっぽり埋まって身動きがとれないような
状態だと、寝返りが打てない。
人間は寝返りを打てないと背中に血流が集中し、
しかも筋肉の硬直が解けないからひどいことに
なるんですってよ奥さん。
あと腰部分を持ち上げるような形も、血流が偏るんで
ダメですと。それで血行不良で肩や首に負担が……。
つまりここ半年ぐらい、自ら自分の身体を壊し続けて
いたみたいです。それがついに限界にきたと。

4日前にそれを聞いてから、我流にて肩こり全滅
メニューを考えてトライしました。

・ベッドは薄々に。寝たとき背中の湾曲に手が入るか
 入らないかぐらいの薄さで。
・ベッドが薄いなら枕は気持ち高めでおk。
 握り拳一つ分前後で選び、微調整はお好み。
 あまりフニャフニャなのは好ましくない。
・背筋を軽く鍛える。疲れるほどやることはない。
 うつ伏せで状態反らしを30回もやればおk。
・腕と肩をなるべく動かすトレーニング。手を上に
 一杯に伸ばして、壁にくっつけて押したり、背伸び
 したり。背筋を伸ばすことを意識する。
・マッサージ器があれば15分~30分マッサージ。
・一日の終わりには必ず風呂で、肩と背中に
 少し熱めのシャワーを浴びる。最低30分は
 やったほうがいい。全身浴は長時間入浴でき
 ないので、背中だけシャワーを浴びる方が
 負担が少ない。とにかく暖める。

結果。

2日目にもう劇的な変化が。岩のように重かった
背中が軽くなり、鈍痛も消える。今のところ偏頭
痛も収まっている。目覚めが良くなって(元々
目覚めはいいほうだった)、全身倦怠感が消えた。
会社の階段を上がるのも辛かったのだが、
もう全然苦じゃない。

もう一週間も続ければ多分完全に調子が戻る
でしょう。

教訓。ベッドと煎餅は硬い方がいい。
スポンサーサイト

| モブログとか | 14:31 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT