携帯ホームページ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アニメの話再び

さて、夏期アニメもそれぞれ序盤を終わろうかという
そういう時期ですけども、
今期これまで視聴した限りで面白いのは、まぁ
大正野球娘とか狼と香辛料IIとかありますけども、
特に取り上げたい作品は、

……なんだと思います?
いかにも門司好きそうな作品です。


それは
『東京マグニチュード8.0』ですね。
公式サイト

協力が
東京消防庁
陸上自衛隊 第1師団
海上保安庁 第三管区
東京DMAT
東京都立墨東病院

ニュースキャスター役に滝川クリステル本人起用という
ちょっと金掛かってますよ的構成。

アレですね。ええ。
海自全面協力で作られたという『タクティカルロア』を
彷彿とさせて非常に不安になります。
蓋を開けてみたらエロばっかで消防庁激怒とかに
なんなきゃいいけど、と一人勝手に戦々恐々として
おりましたが。

蓋を開けてみたらこれが、かなり大まじめに
東京湾岸での直下型大地震発生をシミュレートした
現実的なアニメで、門司柄にもなく感心してしまいました。

日々、実際に東京で大災害が発生した場合に、と
考えているのですが、

埋め立て地の液状化、道路の寸断、首都高の倒壊、
橋の崩落による河川のオーバーフロー、ビル風での
火炎旋風、ガラス・瓦礫による負傷と疫病発生、
略奪、帰宅困難者の二次災害など、都市での災害は
ある意味地方での災害より危険が増す場合があります。
それを実にリアルに表していて、非常に好感が持てるのです。

まぁ、作中では首都高台場線も崩落していましたが、
アレが崩落するなら都内全域の首都高が倒壊している
でしょう。するとR246などは危険です。東京は、意外と
逃げ場所に困るわけですね。
オフィス街で余震に見舞われれば怪我もしやすいですし、
運が悪いとコンクリート片の餌食にも。

東京の致命的問題点は、あまりにも区画が古いことに
あると思う。迷路のように伸びる細い道に道路を敷いて
しまったことが、大災害への対応能力を減じている。

ちなみに原作見ていて思ったことは、
まず災害に遭ったら、速やかに避難場所に移動し、
復旧まで絶対にそこを動かないこと。原作では無理矢理
帰宅しようとして危険な目に遭いまくっていますが、
動かない方が安全です。(そういう注意勧告の意味もあって
ああいう話にしているんだと思うが)
全ての区・自治体で、食料等備蓄品配布は避難所単位で
行われるから、避難所にいないと。

物語では携帯が全く使えてませんが、これについては
非常時にももう少し使えると思います。パンクはしますけどね。
ワンセグが非常・災害に絶対的に強いというのは本当。

この作品は人物描写が実にリアルでいいですね。
お姉ちゃんとかね。現代っ子丸出しで、この辺の描写は
唸ります。

今期大注目の『東京マグニチュード8.0』
オススメです。

スポンサーサイト

| 閑話休題 | 02:30 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

アニメ

これはいい作品だと私も思います

ただ

「さいたまマグニチュード7.95」にした方がよかったと思います
大宮のアニメの背景となっている建物とかとか某鷲神社とかが崩壊するさまを描く悲劇巨編を。あ、春日部も。

うそです
地元が大好き

| 鈴木 | 2009/08/04 22:12 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT