携帯ホームページ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ラストウィンドウ

黄泉比良坂から帰ってきたDS。
まぁ任天堂の手によって完全に新しくなってんですけども。

久しぶりにゲームでもやるかーと色々見てみたら

ラストウィンドウ ~真夜中の約束~

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


ウィッシュルームの続編じゃないか!!!
こんなの出てたのか!!
全く知らなかったよ!


門司はDSで特に好きなゲームメーカーが2つあります。
この二つのメーカーから出たゲームは無条件高速買いというほどに。

D3パブリッシャー名義でゲーム出すトムキャット・システム
(鑑識官シリーズで有名…たまにこのブログの占いに、遠山桜の髪留めに
どうたらこうたらと出ているが、鑑識官シリーズの登場人物の台詞)

もうひとつが、CING。アナザーコード、ウィッシュルームなど
推理小説タイプのゲームを出している会社。

前作、ウィッシュルームの続編がこのラストウィンドウらしい。

門司が狂人だという事は皆様ご存じの通りですが、確かにこの二社の
ゲームは特に出来が優れているわけではありません。

ただ、好きです。

ゲームの作り方が好きです。気持ちが入ってる。
ゲームを作るのに大切なことは、ゲームが愛されるのに必要なことは、

その一点。技術、アイディアを超えた『ゲーム好き』という気持ち。
究極の話、ゲームなんてのは技術云々以前に
どこまでその作品に気持ちを注ぎ込めるか、です。
例えば、自分の作品の一つであるrailwayはバグだらけの
ダメゲーですが、アレには間違いなく
俺の寿命の何年かが入ってます。
あれが書き上げられたら死んでも良いと思ってたし。

前作の
ウィッシュルームは推理小説としてはいくつか甘さがあり、
仕掛けもまた曖昧なところがあり、煮え切らないストーリーですが
キャラの描写、仕草、言葉、世界、いろいろなところで
ユーザーを楽しませてくれる魅力に満ちあふれた作品でした。
レストランの料理ではなく、家庭料理の美味さのような。
ファミコン時代のゲームの楽しさを持っていました。
トムキャットも全く同じです。だからこれらメーカーのゲームは
買うと言うより、応援する気持ちが強い。


というわけで、ラストウィンドウ買ってきます。
楽しみすぎる。

経過の報告とかはしません。
ゲームは語るより、遊んだ方が楽しいです。
スポンサーサイト

| 閑話休題 | 17:17 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT