携帯ホームページ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2010秋アニメ評

毎期恒例と言いながら夏はやりませんでしたが
2010年秋アニメについて。

<百花繚乱サムライガールズ>
流行りかどうかわからない戦国武将女体化物。
あんまり期待してなかったが意外と面白い。
色々あるが、この作品。はっきり言ってB級ですが
『タクティカルロア』みたいないい醸され方をしている。
ストーリーの進展がよくわからず、世界観と伏線だけ
妙に気張っているが、実質エロアニメ。
ただ安定した作画と、徹底して本筋からずれまくり
主人公は『キスするだけの機械』と化していて
強いんだか弱いんだかもわからず、だからといって
へたれってわけでもない。ハーレム主人公なのに
そうは見えないところがいい。 声優が割と
頑張っていて、一見滅茶苦茶そうに見えるが
仕事は丁寧だったり、見る人によって評価は分かれる。
万人にはお奨めできないが、良作だと思われる。
徳川千がかわいい。

<侵略! イカ娘>
絶対に原作より面白い。
アニメ化されて本当に良かったという作品。
深いストーリーもなにもないが、『みなみけ』ライクの
作品っぽく、飯でも食いながらダラダラ見たほうが
楽しめる。
イカ娘が可愛いという以上に何を評価すればいいか
わからないが、ある意味それだけで十分作品が成り立つという
不気味な作品でもある。
めざましテレビの『今日のわんこ』のコーナーが
楽しみでしょうがない人とかに勧められる。

<そらのおとしものf>
前作ではアニメ至上に残る伝説の映像
『SR-71を追い越すパンツ』で話題をかっさらった
そらのおとしものだが、前作ほどではないにしろ
その狂気は相変わらずで、割とストーリーが骨太なものの
毎回シリアス部分が殆どない。その性で番組構成的に
最終回近くになると唐突にシリアスになってゆく。
これが視聴層を大いに混乱させている気がするのだが、
『こういう作品だから』と好き放題やっている製作陣が
なかなか根性があっていい。こういうアニメは大いに結構。
視聴者に媚びる必要は無いし、理を曲げる必要もない。
それも含めて魅力であるというのが、サブカルチャーの
本質だと思う。原作も面白いし、アニメも独自で面白い。

<探偵オペラ ミルキィホームズ>

狂気。いや、それ以上のものか。
ただただ、恐るべき作品というほかにない。
他に言葉が見つからない。
伝説の狂気アニメ『カブトボーグ』と比較する人も
中にはいるが、俺にはそう思えない。
これはむしろ『ギャラクシーエンジェル1期』か
『エクセルサーガ』に比するものだ。
見ていて先の展開が全く予想できず、そして確実に
想像を絶する光景を見せてくれる。
そして極端に安定しない作画と、むしろ意図した作画崩壊。
腐りかけのドリアンのようである。
もしかしたら映像ドラッグと呼ぶべきものかもしれない。
もりあきは今期どころか今年度代表作品と呼んでもいい程
大絶賛しているのだが、生憎見る人によっては
どうしようもないクズアニメにしか見えないところが難。

<俺の妹がこんなに可愛いわけがない>
今期もっとも人気がある作品。
人気にたがわず面白いが、門司がこの作品を面白く
感じるのは、人物の描写が二次元的ではなく、むしろ
三次元的な描写に徹していること。
わかりやすく言うと『アニメの登場人物だからこんな感じの
キャラでも違和感無いでしょ? って言ってるアニメキャラ』
作品自体がメタな空気に満ちていて、特殊な設定を除けば
(「完璧美少女なのにアニメエロゲオタの妹→美人なのに
欠点がある女性」と置き換えた場合には)
そのまんまこの状況を月9ドラマに持っていける構成である。
作中の妹はケータイ小説を書いているが
それこそこの作品は角度を変えて見れば、典型的ケータイ小説と
言ってもいい。あくまでもそういう骨組みに、アニメ的要素を
装飾した作品と思える。
じゃあ『スクールデイズ』はどう? と思うかもしれないが、
もりあきの私見ではあるが、あれは『ドラマっぽさを意識した
アニメ』だと思う。そこはストーリーなりで補完されているが、
日本のドラマにあるようなステレオタイプな人物像は
ほぼ、無い。
そこを行くと、独自の手法に見えて『俺妹』のキャラクターや
ストーリーは実に典型的ドラマの枠組みを堅守しているように
見える。表現技法の違いというより、確たる意思があるとしか
思えない。
その土台で上滑りしないようにストーリを展開することは、
アニメという特殊文化ではやや難易度が高く思えていたが、
見事に表現しきっている。
そこが、近年アニメでは見られないタイプの楽しみに繋がって
いるのだ。ネット上では、この作品の結末がどうなるか
予想しあって大いに盛り上がっているが、その結末想像図が
『既存アニメと同方向か、全く違う、むしろ現実的解決か』と
ファンを悩ませている。その思考がもう既に、三次元的では
ないかともりあきは思っている。デカルチャーと叫びたい気分だ。
とにかく、噂に違わず面白い作品。先が気になる。

夏はひとつも見る気がしなかったが、
2010秋はかなり豊作のシーズンで、評価できる作品が
多く楽しめている。


逆に楽しめなかったもの。

<神のみぞ知るセカイ>
音楽は良かった。後は何て言うか……何て言えばいいか……。

<ヨスガノソラ>
別にエロゲーでいいんじゃないだろうか。乳見放題だし。
そっちのほうがシナリオも表現楽なわけだし。
まぁ私見なんだけども、
蒼井そらを地上波で見て嬉しい気持ちにはならない。

<心霊探偵八雲>
なんなんだよこのアニメ!! 誰得だよ!!
デザインとストーリーと構成全てが終わってるという、
拾いどころがひとつもなかったアニメ。
というかね、原作は知らないけども、
アニメ制作者。
真面目に作ろうとしてないだろ本当は。
ここまで面白くなさそうに見せるのは一種の才能に思える。
スポンサーサイト

| モブログとか | 13:13 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT