携帯ホームページ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

喜連川早乙女温泉


到着ー!!

本日の目的地。喜連川早乙女温泉に到着。
んー、見た目は普通の、新しくもない建物。

この喜連川早乙女温泉。
わざわざ2時間もかけて来たのは、その温泉のため。
そのお湯のクオリティは、関東でもトップクラスという。

ああっこりゃもう、行ってみるしかないでしょうと。
入っちゃうしかないでしょうと。


……

あああ……





まるで翡翠のような湯色だ。
透明度が高めの濁り湯は、緑に輝いている。
浴室内は屋根をかけただけで、ほぼ露天。
樹木の狭間から、早乙女町の田園が一望できる。

湯を湛える湯船に、肩まで浸かる。
石油のような独特の臭いがする湯は、強塩泉で
まるでしっとりとした絹のような肌触りである。

染み込む。
そうとしか思えない。
からだの芯から、このオイル臭のする硫黄泉が染み込んでくる。
関東の名泉と呼ばれる早乙女温泉の
その掛け流しの湯を贅沢に楽しむ。

半解放の窓から差し込む、初夏の暖かな日差し。
関東平野を航る風は鬼怒川の清流に抱かれ、
終わりかけの桜を優しく散らす。

さくらの花びらがひとつ、ふたつ
ひらひらと舞って、翡翠の湯に浮かんだ。

ただ、暖かい風の音色と、湯船に注がれる源泉の
永遠に似た雫の声を聴いていた。

スポンサーサイト

| モブログとか | 13:46 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT